Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
魍魎の匣
魍魎の匣(もうりょうのはこ)


原作:京極夏彦 『魍魎の匣』
脚本・監督:原田眞人
出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木瞳、荒川良々
マギー、堀部圭亮、笹野高史、大森博史、大沢樹生、寺島咲、谷村美月、宮藤官九郎、柄本明、清水美砂、篠原涼子 他
公式HP
2007年*日本*133分


レビュー
終戦から7年後の1952年。東京では美少女連続殺人事件が世間を騒がせていた。探偵・榎木津礼二郎は元女優・柚木陽子から失踪した娘、可菜子の捜索を依頼される。一方、作家関口は記者の敦子と共にハコを崇める教団の調査をしていた。さらに刑事の木場も巨大なハコ型建設物の謎を追い、ハコを巡る3つの事件に皆が関わり「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくるのだった。果たして中禅寺は謎を解明しできるのか・・
日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。

ハコには
  がある?


原作はコチラ
魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)
魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)
京極 夏彦

地元TV局主催の試写会に当たって公開前日の21日に観に行ってきました。
今回は関口役が前作「姑獲鳥の夏」の永瀬正敏さんから椎名桔平さんに変わったのを劇場の予告を観て初めて知りビックリ(笑)
ニュー関口はどうなのか?シリーズの中では結構好きな話なので映画としてどうなのかという興味シンシンだったのですが・・・
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(ま行) | comments(2) | - |
めがね
めがね


脚本・監督:荻上直子
出演:眼鏡小林聡美、市川実日子、もたいまさこ、光石研、加瀬亮、薬師丸ひろこ
主題歌:大貫妙子 『めがね』
公式HP
2007年*日本*106分


レビュー
春まだ浅いころ、南の小さな島に一機のプロペラ機が着陸した。小さなバッグ1つを手に、まっすぐ浜をあるいてくるめがねをかけた一人の女性。同じ頃、もう一人の女性が空港に降り立った。大きなトランクを引きずり、手書きの地図を片手に歩き続け辿り着いた場所は小さな宿「ハマダ」。出迎えたのは飾り気の無い宿の主人ユージと犬のコージ。

何が自由か、知っている。

サントラはコチラ
映画「めがね」オリジナル・サウンドトラック

「かもめ食堂」と同じキャスト&スタッフを結集させて撮った荻上監督の最新作は何となくまた似たような雰囲気の作風で、何だかなぁ・・・とイロイロ思いつつ、でもやっぱりこの世界観は結構好みだし要らぬ先入観は捨てて観てみましょう。という事で28日シネプレックスのレイトショーへモン基地と行ってきました。

この作品のキーワードになっている「たそがれる」ミルキーさん(笑)
たそがれミルキー
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(ま行) | comments(2) | - |
殯(もがり)の森
殯の森
殯の森


監督・脚本:河瀬直美
出演:うだしげき、尾野真千子、渡辺真起子、ますだかなこ、斉藤陽一郎 他
公式HP
2007年*日本・フランス*97分


レビュー
奈良県東部の山間地。旧家を改築したグループホームに暮らすしげきは亡くなった妻の想い出と共に静かな日々を過ごしている。そこへ新しく介護福祉士としてやってきた真千子もまた不慮の事故で子供を亡くした喪失感を抱えて生きていた。
介護する側、される側という立場を越え少しずつ打ち解けていく二人。ある日二人はしげきの妻が眠る森に墓参りに出掛けていく・・
第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門 「グランプリ」受賞作。


カンヌ国際映画祭授賞式ライブの中継(スカパー)は夜も遅くて翌日仕事があったので録画して翌朝起きてすぐに発表だけを見たのですが、この作品がグランプリを取った時には朝っぱらから「やった!」と大騒ぎしていました(笑)
5月にBSハイビジョンでいち早く放送があったようですが、我が家では見れないので(それに劇場で観たかったし)ようやくコチラでは9月15日からの公開が始まり19日のレディースデーにモン基地とDenkikanさんに観に行ってきました。
心なしか・・年齢層がかなり高め・・・ご高齢の方も多かったです。

思う事も多くてすぐには感想も書けずに遅くなってしまいました(汗)
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(ま行) | comments(2) | - |
蟲師
蟲師 (通常版)
蟲師 (通常版)


原作:漆原 友紀 『蟲師』
監督:大友克洋
出演:オダギリジョー、蒼井優、江角マキコ、大森南朋、リリィ、李麗仙、クノ真季子、守山玲愛、稲田英幸 他
公式HP
蟲師公式ブログ
コミック公式HP
2006年*日本*131分


レビュー
100年前の日本。そこには精霊でも幽霊でも物の怪でもない妖しい生き物“蟲”がいた。特定の人にしか見る事の出来ないこの蟲は時に人間に取り憑き不可解な自然現象をもたらす。そんな蟲の謎を紐解き、蟲に取り憑かれた人々を癒す能力を持つ者は“蟲師”と呼ばれた。ギンコはそんな蟲師の1人で自ら蟲を引寄せる体質ゆえに一つ所には長く留まる事が出来ず、日本中を旅しながら各地で人々を癒してきた・・。

蟲(むし)を感じたら
お知らせください。


平成15年度文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞、平成18年度第30回講談社漫画賞一般部門受賞、文化庁日本のメディア芸術100選マンガ部門選出など輝かしい業績を誇る漆原 友紀氏の人気原作コミックはコチラ 1〜8巻
蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)  蟲師 8 (8)

原作に忠実、またそれ以上に原作の世界観を再現したTVアニメDVDはコチラ
其ノ壱〜其ノ漆が地上波放送分。其ノ捌、其ノ玖がBSで放送された26話まで
非常に素晴らしい作品になってます。オススメ!!!
蟲師 其ノ壱  蟲師 其ノ玖

ずぅーっと前から本屋さんで気になっていたこの「蟲師」。結局買わずにいたのですが、ようやく去年CSのフジチャンネルでアニメの方を見て(熊本は地上波では放送されなかったのです)「蟲師」の魅力に取り憑かれ、原作コミックを一気に読んだのですね。
*今年の2月にようやく待望の8巻が発売されました!
で、去年この作品の実写化という噂を聞き非常に楽しみにしていたのですけど、ギンコがオダジョーと聞いてオドロキ!(笑)カンヌの様子やら、少しずつ内容が見えてきて公開が楽しみだったのですが、なかなか観に行く機会が無くてようやく6日シネプレのレイトショーに行ってきました。
・・・長かった〜〜〜
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(ま行) | comments(8) | trackbacks(1) |
麦の穂をゆらす風
麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション
麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション


監督:ケン・ローチ
出演:キリアン・マーフィー、ポードリック・ディレーニー、リーアム・カニンガム、
オーラ・フィツジェラルド、メアリー・オリオーダン 他
公式HP
2006年*イギリス・アイルランド・ドイツ・イタリア・スペイン*126分


レビュー
1920年。医師になる夢を捨て、長きにわたってイギリスの支配を受けてきたアイルランドの独立を求める戦いに兄と共に身を投じたデミアン(キリアン・マーフィー)。激しい戦いはイギリス・アイルランド条約により収束したかに思えたが、今度は条約を巡りアイルランド人同士の分裂が起こり内戦へと発展していく・・。
2006年カンヌ映画祭パルムドール受賞。アイルランドを舞台にしたイギリスからの独立戦争と内戦を圧巻のスケールでケン・ローチが描いた涙あふれる感動作。

愛するものを
奪われる悲劇を、
なぜ人は
繰り返すのだろう。


2006年のカンヌ映画祭を見て、ずっと上映を待ちつづけた作品。
ようやくコチラでも17日から上映が始まり、レディースデーの21日に観に行ってきました。考える事も多く、なかなかすぐにレビューが書けずにいました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(ま行) | comments(4) | trackbacks(0) |
水の女
水の女
水の女


監督・脚本・編集:杉森秀則
出演:UA、浅野忠信、小川眞由美、HIKARU、江夏豊、大浦龍宇一、YUKI
塩見三省、ぼんちおさむ、石井光三、都家歌六、頭師佳孝、流山児祥 他
エンディングテーマ:『閃光』UA
2002年*日本*115分


レビュー
(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
UAと浅野忠信が共演し、“水・火・風・地”を題材に、銭湯で働く“水”の女・涼と(UA)“火”に取り憑かれた男・優作(浅野)との運命の恋を描いた話題作。人生の大切な日には必ず雨が降るという雨女・涼。父と婚約者を同時に亡くした彼女の元に、謎の男・優作が現れる。

先月チャンネルNECOで放送されたのを録画していたのですが、ようやく4日に観ました。
この作品、UAと浅野忠信さんが出演しているという事位しか知らなかったのですが、とても詩的で美しい映像に期待以上でした。
監督の劇場映画デビュー作という事でビックリ。今後が楽しみです♪
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(ま行) | comments(0) | trackbacks(2) |
メゾン・ド・ヒミコ
メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)


監督:犬童一心
脚本:渡辺あや
出演:オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、西島秀俊、歌澤寅右衛門、青山吉良、柳澤愼一、井上博一、森山潤久、洋ちゃん、村上大樹、村石千春、高橋昌也 他
公式HP
2005年*日本*131分


レビュー
ある雨の日、塗装会社の事務員として働く吉田沙織のもとへ岸本春彦と名乗る若くて美しい青年が訪ねてくる。彼は沙織が幼い頃に母と沙織を捨てて出て行った父の恋人だった。父は家を出た後、当時有名だった卑弥呼というゲイバーの二代目を継ぎ、店を畳んだ後は神奈川県大浦海岸近くにゲイのための老人ホーム”メゾン・ド・ヒミコ”を創設して館長を務めていた。
春彦から父親が癌で余命いくばくも無い事を聞かされる沙織。頑なに父親を拒否し続けている彼女に、彼は破格の日給と遺産の事をちらつかせながら老人ホームの手伝いに週末だけ行く事を決心させる・・・。

私を迎えに来たのは、
若くして美しい男。
彼は、父の恋人だった。


細野晴臣さんの素敵なサントラはコチラ
メゾン・ド・ヒミコ
メゾン・ド・ヒミコ
内容(「CDジャーナル」データベースより)
話題の映画『メゾン・ド・ヒミコ』の音楽全編を細野晴臣が担当。ただの、サウンドトラック盤ではなく、オダギリジョーのヴォーカル曲やこのアルバムのために細野が書き下ろしたナンバーまで、話題性満載の作品。


「ジョゼと虎と魚たち」の犬堂監督と渡辺あやさんの脚本コンビ第2段ですね。
ようやくこちらでも先週22日から公開だったのですけど、モン基地と二人して風邪でずぅーっと完治せずに映画も我慢していたのですが、ようやく30日に観に行ってきました。
*皆さまも風邪にはお気を付け下さいね。

とても楽しみにしていたのですよ〜♪劇場の入りも良かったですね。
ちょっと前に観た「私の頭の中の消しゴム」ではチョン・ウソン様の演技にウルッとなったものの泣きはしなかったのですが、この映画では泣きました(笑)

可笑しくて、辛辣で、哀しくて、でもじわじわと優しさがにじみ出てくるような素敵な映画でした。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(ま行) | comments(6) | trackbacks(3) |
モナリザ・スマイル
モナリザ・スマイル
モナリザ・スマイル


監督:マイク・ニューウェル
出演:ジュリア・ロバーツ、キルスティン・ダンスト、マギー・ギレンホール、ジュリア・
スタイルズ、ジニファー・グッドウィン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ドミニク・ウェスト、
ジュリエット・スティーブンソン 他
公式HP
2003年*アメリカ*120分


レビュー
Amazon.co.jp
1963年、名門女子大に助教授として就任したキャサリンは、大学の保守的な体質に驚く。いい教育を受けながらも、エリートの男性からのプロポーズこそ、女性の幸せだと信じる生徒たち。しかし、キャサリンの自立をうながす授業に影響を受ける生徒も現れるようになるが、彼女は恋人との別離など、私生活で岐路に立たされることに…。
女生徒たちに“新しい女性の生きかた”を指導するヒロインをジュリア・ロバーツが演じる。名門女子校で画期的な授業を進めていきながらも、私生活ではひとりの女性として恋に悩む繊細さも見せ、表現力が豊かなジュリアならではの奥行きのある教師像を披露している。彼女が演じなければ地味な佳作で終わるところを、ジュリアのおかげで華やかな学園ドラマになったといっても過言ではない。共演はマギー・ギレンホール、キルスティン・ダンスト。60年代のクラシックな衣装も見逃せない。

去年、劇場へ観に行こうと思いつつ見逃してしまった作品。
ようやく黄金週間中に観ました。(5月病か?やる気なくって、ずっとレビューサボってました 汗)

もっとジュリア・ロバーツ演じる新任教師キャサリンがドンドン学校内革命的な事をやって、戸惑いながらも他教師や生徒達が徐々に変わっていく・・みたいな学園ストーリーのようなものを想像していたらちょっと違ってました(笑)
映画全体としてはちょっと地味な印象でしたが、ジュリア・ロバーツはじめとした女優さん達の演技が素晴らしかったです。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(ま行) | comments(0) | trackbacks(4) |
真夜中の弥次さん 喜多さん
真夜中の弥次さん喜多さん DTS スペシャル・エディション(初回限定生産 おいらとおめぇの弁当箱版)


原作:しりあがり寿
監督・脚本:宮藤官九郎
出演:長瀬智也、中村七之助、小池栄子、阿部サダヲ、柄本佑、生瀬勝久、寺島進、
竹内力、森下愛子、岩松了、板尾創路、桑幡壱真、古田新太、山口智充、ARATA、
清水ゆみ、しりあがり寿、松尾スズキ、梅図かずお、中村勘九郎、研ナオコ、
麻生久美子、妻夫木聡、荒川良々、大森南朋、毒蝮三太夫、皆川猿時 他
公式HP
2005年*日本*124分


レビュー
ワイルドで熱い男、弥次郎兵衛こと弥次さん(長瀬智也)とヤク中の役者、喜多八こと喜多さん(中村七之助)はディープに愛し合う恋人同士。
ある日、弥次さんが悪夢を見て飛び起きると、喜多さんがこっそりと震える手で注射器を持っていた。慌てて止める弥次さん。
「弥次さん、・・・オイラ、リアルがとんと分からねぇ・・」
そんな時、長屋に届いていたお伊勢さんからのDMを手にした弥次さん。
”リアルは当地にあり”
喜多さんのヤク中を治すため、そしてリアルを探すため、お伊勢さん目指して弥次さんと喜多さんの東海道の旅が始まる。

原作漫画1,2巻をまとめ、カラー12ページ、おもしろ漫画3篇収録の本はコチラ
合本 真夜中の弥次さん喜多さん
合本 真夜中の弥次さん喜多さん
しりあがり 寿

20日レディースデーに観に行ってきました。
見事なまでに館内は女性のみ!女の園と化しておりましたよ(笑)
久しぶりに涙出る位に笑いました。館内大笑いです。一体感あって良いですね♪

後半少しダルイ感じもありましたが、それでもエンドロール終わって館内が明るくなる迄、殆どの人が席を立つ事なく(多分、途中でWC我慢できなかった?人が一人だけ席を立った位)楽しんだという感じです。
館内明るくなる迄シーンとしていましたが、明るくなった途端に笑いが起きたのですね。「面白かったねぇ〜」「受けた〜!」とかいう声があちこちから。
だって・・エンドロールも楽しいのです。最後の最後まで♪
荒川良々クンはやっぱりおもしろーい!この映画でもかなりのツボです。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(ま行) | comments(2) | trackbacks(9) |
MUSA 武士
MUSA -武士-
MUSA -武士-


監督:キム・ソンス
出演:チョン・ウソン、チュ・ジンモ、チャン・ツィイー、アン・ソンギ
ユー・ロングァン 他
公式HP
2001年*韓国・中国*133分


レビュー
Amazon.co.jp
14世紀後半の中国、明と緊迫関係にあった高麗は使節団を派遣するも、到着後にあらぬスパイ容疑を掛けられ、流刑に処された。その道中、一行は元の襲来によって自由の身となるが、その後使節団は元に捕らえられていた明の姫(チャン・ツィイー)を救出。使節団のチェ・ジョン将軍(チュ・ジンモ)は彼女を南京城で連れていき、本来の任務をまっとうしようとするが……。

彼らの使命は「敵の姫」を守ること---
中国大陸1万キロを横断する、2時間13分の生きる旅。


先にエントリーした「殺人の追憶」と一緒に1円レンタルで借りてきました(笑)
ずっと気になっていたけど縁が無くて、今回ようやくDVDレンタルできました♪
「殺人の追憶」同様、こちらもある史実にヒントを得て作られた映画。
いや、正直言ってあんまり期待はしてなかったのです。
内容も殆ど知らなかったし、キャストもチャン・ツィイーが出演してる事位しか知らなくて。
それが思いのほか楽しめましたね。「ラストサムライ」と似て非なる作品。
何の為に命を捧げるのか?「武士道」の精神を描いたというなら、こちらの方が「目的」がしっかりしていてむしろ分かり易いのではないかと思いました。
これ、劇場で観るべきでした。(いつ上映があったのすら記憶に無いのです)
かなりの迫力。戦闘シーンも多く、非常にリアルで(切れたり、刺さったり・・)こういう描写が苦手な方は辛いかもです。
でもそれだけではなく、しっかりと時代背景、人間ドラマも描かれていて見応えは充分あると思います。

チェ・ジョン将軍役のチュ・ジンモ。反町隆史をちょっと甘くした感じのなかなか良いお顔だったのですが、何と言っても使節団奴隷ヨソル役のチョン・ウソンに惚れました♪
彼を観れただけで満足だったかも?!な位、ハマリ役ですごく良かったです♪
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(ま行) | comments(2) | trackbacks(1) |
<new | top | old>