Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< 8人の女たち | main | LOVE PSYCHEDELICO >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ユリイカ(EUREKA)
ユリイカ(EUREKA)


監督:青山真治
出演:役所広司、宮崎あおい、宮崎将 他
2000年*日本*217分


レビュー
Amazon.co.jp
九州で起きたバス・ジャック事件で、辛くも生き延びたバス運転手・沢井(役所広司)と、乗客の直樹(宮崎将)、梢(宮崎あおい)の姉妹は、2年後に偶然再会したのを機に共同生活を始めるようになる。そこに兄妹の様子を見に来た従兄の秋彦(斉藤陽一郎)が加わり、疑似家族の様相を呈してきた4人は、やがて再びバスに乗って再生の旅に出た…。
2000年のカンヌ国政映画祭で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞を受賞した、心に傷をもつ人間たちの再生の旅を描いた青山真治監督の秀作ヒューマンドラマ。3時間37分という長尺ながら、モノクロ映像を駆使して静かに人間をとらえる作者の真摯な眼差しゆえに、じっくりとその世界観に入り込むことができる。九州の方言を巧みに活かすなど、言語を大切にした演出もすばらしい。(的田也寸志)
これは、確か・・2001年位の公開?直後からモン基地が「見たい見たい!」と言ってた映画。小6にしては渋いですな(笑)
そして、先日ようやく念願かなって?モン基地がDVDを借りてきました。
しかし・・・時間を見てびつくりん!さ、3時間37分!モン基地も受験の為、なかなか見る機会が無くて、夜2日間に分けて見る事に。
久しぶりに「宝物」みたいな映画に出会えて昨夜は見終わった後も興奮してしばらく寝付けませんでした(笑)
「さらば、我が愛 覇王別姫」「ベルリン・天使の詩」に続き、私の大好きな映画にランクイン!

ユリイカ〜「EUREKA」とはギリシャ語で「発見」の意味。
バス・ジャック事件で「死」を間近に突きつけられ、それは深い心の傷となりその後の人生が家族を含め大きく変わってしまった主人公達。
事件の終末は、私とモン基地が行った事がある大牟田の遊園地の駐車場でビックリ!
そうなのです。これは九州の福岡〜熊本が舞台。馴染み深い「九州弁」「景色」がより一層親しみ深く、映画に入っていけたという感じもします。

全体に優しいセピアトーンの叙情的な映像。これが何とも美しいのです。
未だ見て無い方の為にあんまり内容は書けませんけど、後半に「別のバス」で彼らが「再生」〜「発見」の旅に出発し、眠れぬ夜に何気なく沢井がバスの壁をトントンと叩く・・すると、梢、直樹がそれに答える。
生き延びた3人の癒されぬ心の傷の痛みが、そういった何気ないシーンからも心に伝わってきて涙が出るのです。
役所広司さんはこういった寡黙な演技がとても上手いな。九州弁も良かった。
と思っていたら・・そう、役所さんって長崎の諫早出身だったのを後から思い出しました(笑)どうりで。
宮崎あおいちゃんもセリフが殆どない演技で難しかったと思いますけど、良かったです。

最後、阿蘇の大観峰のシーンでカラーに変わるのですけど(それがちょっと気が付かない位自然な感じなのです)「再生」に相応しい壮大な景色が印象的。
静かに、一人だけで見たい映画。
| モン基地の母 | 映画(や行) | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
かんた (2004/03/11 10:53 PM)
こんばんは
映画とはちょっと離れた話ですが、
長時間映画って迷いますね。
先週、「地獄の黙示録」と「ロードオブザリンク」と「ライトスタッフ」借りたらすべて3時間以上で・・・。地獄の黙示録は1日目ダウンで2日目に少し戻して観ましたが、「ロードオブ〜」は最初の頃の話を理解しようとしてたらダウン。
次の日もダウンで結局2本は観ないで返しました。
面白いけど体力要りますね。
今週も「サウンドオブミュージック」を借りようとしたけど「アマデウス」が長いのでやめました。3時間以上のは週1本ですね。いいものほど体力いるし。ダイエットも出来る映画ならいいんだけど・・。
モン基地の母 (2004/03/11 11:45 PM)
そうそう、映画って結構集中して見るので本当に長いと体力消耗しちゃいますよね。
この「ユリイカ」も長いし、セピアカラー。全体に寡黙な感じだし、好き嫌いが別れる映画かもです。私は最高に良かったけど。
DVDを買う予定(笑)
それにしても、すごい勢いでビデオ見てますね〜!
しかも、長いのばっかり(笑)
そもそも映画は楽しむものだから、あんまりムリなさらないで下さいね♪
見ないで返却するのって、すごく悔しいので私も最近は考えて借りるようにしてます(笑)
lin (2005/01/29 7:48 PM)
こんちは、TB・コメント感謝です。
ラストは良かったですね、カラー映像が象徴的で。
正直もうちょっと短くして欲しかったんですが(爆
映画慣れしている人には受けるタイプの映画かなと思いましたw
TBさせて頂きました、またヨロシク。
モン基地の母 (2005/01/29 8:06 PM)
☆ linさん
こちらこそ、コメント&TB有難うございます。

ラストシーンで使われた阿蘇・大観峰は本当に雄大な風景で、この映画のラストにはピッタリだと感動しました。
確かに、このシーンって必要なのかなぁ・・なんて思ったり・・
詰め込み過ぎるのも、こちらとしては捉え所が無くってどうしようもなくなりますね。
でも、やっぱりこの映画って好きなのです(笑)









url: http://chu.jugem.cc/trackback/10
「EUREKA ユリイカ」
ユリイカ(EUREKA) 「EUREKA ユリイカ」  ★★★ (2001年日本) 監督:青山真治 キャスト:役所広司、宮崎あおい、宮崎将、利重剛
| NUMB | 2005/01/29 7:43 PM |
EUREKA ユリイカ
主演役所広司、宮崎将、宮崎あおい、斉藤陽一郎 監督・脚本青山真治 製作2000年、日本 世界回復の旅 バスジャック犯が乗客を次々と殺戮するという事件で生き残った中年のバス運転手と乗客の幼い兄妹の三人が人生を取り戻そうとする過程を描いた作品。 福岡県のあ
| a story | 2005/05/16 1:15 AM |