Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< マドモアゼル マルシェの気だるい午後 | main | ネバーランド >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
きみに読む物語 "THE NOTEBOOK"
きみに読む物語 きみに読む物語
きみに読む物語 


原作:ニコラス・スパークス
監督:ニック・カサヴェテス
出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ
    ジェームズ・ガーナー、サム・シェパード、ジョアン・アレン 他
公式HP
2004年*アメリカ*123分


レビュー
ある療養施設に一人暮らす初老の女性アリー(ジーナ・ローランズ)
佇まいも美しく過ごしている彼女。しかし彼女は情熱に溢れた若い時代の想いでを全て失っている。
そんな彼女の元へ通う初老の男性ノーラン(ジェームズ・ガーナー)
デュークと名乗りその男性は、彼女の気分が比較的良さそうな時を見計らって物語を少しずつ読み聞かせてやっている。
古き良き時代のアメリカ南部の小さな町の、きらめくような夏の恋の物語を・・・

365通の手紙。
白鳥の棲む湖。
・・・あの雨の朝の匂い。
想い出がすこしずつ、
きみからこぼれてゆく
だから、
きみが思い出すまで、
ぼくは読む・・・。


18日(火)シネプレックス熊本の試写会に行ってきました。
応募したの忘れてて、招待ハガキが届いたのも前日(17日)という(;^_^Aアセ
もっと早く届くように出して欲しいモンです。
しかし、今回はペアご招待♪
ようやくモン基地と一緒に観れました♪
モン基地だけ先週あった「ネバーランド」の招待試写会に行ってきたのですね。
なので、私は今年初めての試写会です。(ネバーランド行きたかった 涙)

その「ネバーランド」を観たモン基地が言うには、こちらの方が感動的かなぁ・・という事らしいです(笑)感動うすーいタイプのお子様なので、あんまり当てにはなりませんが。
「全米1200万人が震えた世紀のロマンス」という事で2004年夏・全米ではかなりのヒットだったそうですね。
あんまり、こういった宣伝文句は当てにしないのですが・・期待しすぎるのもいけないので。
しかし、結構皆さん泣いてました。あちこちで鼻をすする音が・・という私もウルウル状態からついに終盤では泣いてしまいました。へへっ(笑)
劇場で予告を観た時に感じた、想像していた通りの作品でしたね。

原作者であるニコラス・スパークス氏の(奥様の方?)祖父母の実話をヒントに書かれてる小説だという事でまったくのフィクションでは無いという事にもちょっとビックリしましたが、私の身近にそう言えばいました。こんな二人が。

皆さんは「永遠の愛」って信じてらっしゃいますか?
私は結構信じてます。ロマンティストな乙女座ですから(笑)冗談ですよっ。
私の伯母(父の姉)夫婦がまさに、この映画のノーランとアリーみたいだったのですね。癌で伯父は早くに亡くなりましたけど。
今でも一人暮す伯母の元へ時々伯父が現れるそうです。ちょっと恐い?(笑)
なので、この映画を観ながらふと亡き伯父と伯母の事を思ってました。
きみに読む物語2
とにかく、冒頭のシーンから画面に釘付け!
かなり大きなスクリーンだったのですが、そのスクリーンいっぱいに広がる息を呑む程美しい夕日に染まった空と湖。
濃いルビー・グレープフルーツの色みたいな感じ?もう、すっごく綺麗でした。
サウス・カロライナ州で撮影されたそうですが、劇中に出てくる白鳥の棲む湖とか信じられない位の美しさなのですね。この世のものでは無いみたいな。
こういった美しい景色を大きなスクリーンで観れただけでもちょっと満足♪
この映画を観ようと思ってる皆様、この風景はちょっと期待してっ!お勧め♪

そして、若き日のノーランとアリーを演じるライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムスが素晴らしかったです。
特に、ライアン・ゴズリング!「16歳の合衆国」を劇場で見逃してしまって・・この映画の彼を見て、再び大後悔・・うぅ・・。演技派ですね。
レイチェル・マクアダムスも本当にはちきれんばかりの躍動感と美しさ。
勿論、ジーナ・ローランズ(ニック・カサヴェテス監督のお母様)とジェームズ・ガーナーも良かった。本当に素晴らしいキャスティングでした。

カーニバルの夜、運命的な出会いから煌く青春の日々。絶望と希望。
そして、ずっと続く「愛」
どうか想い出してほしい。
僕らが出会った夏を・・・。

こんな風に愛し、愛されるなんて羨ましいぞっ!くぅ・・。
ラストはあんまり羨ましくって悔し涙?(笑)
全編、深い愛で包まれた美しい純愛の物語です。
| モン基地の母 | 映画(か行) | comments(8) | trackbacks(27) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
pico (2005/01/19 6:46 PM)
今日、ネバーランドみてきて、こちらの予告みました!
確か、先日も予告でみていて、でがけに、
モン母さまのエントリータイトルみてて、
あれれ?熊本はもうやってるのかしら?
と思ってました。試写だったのですね。
なんだか、あたりまくってますよね。
うらやまし〜いです。
私、試写って、何度もだしているのに、
1回しか当たったことないんです。
Hanabiだったかな・・・
オペラ座の怪人、だしまくったのですが、
やはり、はずれたようです。残念。

それは、さておき!
こちらの映画!ぜひぜひ、観たいです!
ネバーランドは、非常に私好み。
号泣してきました。
きづいたら、涙あふれててびっくり。
モン基地ちゃんのおっしゃるとおりならば、
こちらの映画をみたら、大変なことになりそうですね。
こころして、観なくてはっ!
モン基地の母 (2005/01/19 9:33 PM)
☆ picoちゃん
きゃあ〜っ!ネバーランド!早く観たい〜(>_<)
やっぱ、去年から6本も続けて私が行ったのでさすがに・・ね。
私が行く〜っ!って言いきらんかったです。

オペラ座〜は私も出しましたがやっぱりダメでしたね(笑)
確か、明日が試写会です・・うぅ・・。関係者も多いみたいよ。
確率から言えば、結構当たってる方なのかも?ですが、それ以上に何に出したか覚えてない位応募してます。ハズレもかなり。
そうそう、番組のご意見とか記入欄ある所は必ず書いてますよ。
この前は「探偵ナイトスクープ」司会の西田敏行さんが泣き過ぎだ。と書いておきました(爆)Rayの分だっけ?ハズレるかも。

私も「ネバーランド」はかなり私好みの作品だと思うので、この作品より泣くかも?
予告観てる時点でウルってなりましたから(笑)
picoちゃんのレビュー楽しみです♪
Roy (2005/01/21 1:23 AM)
こんばんわ。
トラバして頂き有難うございます。

この映画かなりよかったです。
湖いっぱいのアヒルとか(笑)
映像美もさることながらやはり物語が秀逸でした。
たまにはこんな美しい話もよいなと思いました。
確かに自分も「ネバーランド」よりこっち派です。
モン基地の母 (2005/01/21 12:37 PM)
☆ Royさん
こちらこそ、コメント&TB有難うございます♪

そうそう。あの湖いっぱいの鳥にはちょっとビックリ!
あれ、CGとかじゃないですよね?
鳥類が苦手な私ですが、ちょっと「マジ?!」って見入ってしまいました(笑)
ストーリー自体は普遍的でそれ程珍しくもない純愛物語だと思いましたが、役者の演技力、そして何よりもあの深い愛には心打たれます。
素直に涙が出ましたよ。結構ひねくれ者なのですが(笑)
>ツボヤキより (2005/01/23 8:27 PM)
TBしてもいいのか、どうか。。。迷いましたが
失礼しますッ!
どうぞ気にしないでね、と言いつつも当方のは
言いたい放題で申し訳ないです。
すみませ〜〜ん。。。。スタコラ。。。。。
モン基地の母 (2005/01/23 11:56 PM)
☆ ツボヤキさん
こんばんは。コメント&TB有難うございます。
いえいえ、もーまんたいですよ@TB
色んな捉え方があって当然。だから楽しいのです♪
るるる@fab (2005/03/04 4:58 PM)
脇にいた女性達(アリーの母親や未亡人)の方がやけに印象に残ります。
そういう年齢になったのか、と自分にビックリです(笑)
モン基地の母 (2005/03/04 10:12 PM)
☆ るるる@fabさん
コメント&TBありがとうございます。

アリーの母親の気持ちは良く分りますよね。
子供が幸せならば、本当はそれが一番なのだけど。
未亡人の気持ちも分るから心が痛いです。
確かに、年齢と共に同じ映画でも感じる所が少しずつ
変わってきますね。でも素敵な事です♪









url: http://chu.jugem.cc/trackback/167
きみに読む物語
きみに読む物語Amazonで詳しく見る by G-Tools きみに読む物語ニコラス・スパークスおすすめ平均 久しぶりに感動しました超おすすめ「マディソン郡の橋」よりいいかも新感覚ラブストーリー親にプレゼントしますAmazonで詳しく見る by G-Tools 原題 THE NOTEBOOK
| 青白い顔 | 2005/01/21 1:16 AM |
きみに読む物語
愛の強さを確信するとき、 心揺さぶられ、誰もが涙にむせぶ!! あなたのそばの大切
| エンタメ!ブレイク? | 2005/01/23 12:53 PM |
■映画「君に読む物語」(原題:The Notebook)★注意:ネタバレ近し
映画「The Notebook」(邦題:君に読む物語) Directer:Nick Cassavetes ニック・カサヴェテス Screenwriter:Jeremy Leven ジェレミー・レヴィン Cast:James Garner ジェイムス・ガーナー Gena Rowlands ジーナ・ロウランズ Joan Allen ジョアン・アレン Ryan
| ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY | 2005/01/23 8:25 PM |
試写会:きみに読む物語
1月21日(金)[きみに読む物語]の試写会に行って来ました。 純粋で切なく、そして美しい純愛映画でした。。。 ストーリー:公式サイトより −−−−−−−−−− とある療養施設にひとり暮らす初老の女性。老いこそ迎えてはいるがたたずまいも美しく過ごしている女
| ::あしたはアタシの風が吹く:: | 2005/01/23 9:48 PM |
「君に読む物語 \"The Notebook\"」
オフィシャルサイト 原作を読んだjiuxion氏から聞いてかなり気になってたの。 純でとってもとっても美しい物語。 韓国映画とはまた違った、でも私的にかなりツボな純愛映画。 洋画でうるっときたの久々やなぁ。 自然に何度か涙がでてきた。 愛し、愛されるこ
| Lee-ji SPsp | 2005/01/27 10:11 PM |
ジーナ・ローランズが愛しい・・・時よ止まれ
「きみに読む物語」★★★★ ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス主演 虚ろな瞳で川面を渡る鳥を見る ジーナ・ローランズ。 もう彼女は何も思い出せない。 もちろん役の中でのことだけれど、 あのクールな 「グロリア」を演じた彼女が 美しい抜
| soramove | 2005/02/06 12:29 AM |
「きみに読む物語」の試写会へ行ったのそ
 昨日は「きみに読む物語」の試写会へ行ってきました。
| のそのつぼやき@WebryBlog | 2005/02/06 11:08 PM |
『きみに読む物語』
■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるもの
| 京の昼寝〜♪ | 2005/02/06 11:48 PM |
本日より公開の映画!。
『きみに読む物語』 原題:The Notebook 監督:ニック・カサベテス 脚本:ジェレミー・レべン、ジャン・サルディ 出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー 2004年アメリカ映画/2時間3分 配給:ギ
| 風景写真blog/Happiness infected... | 2005/02/07 12:21 AM |
きみに読む物語
原題: THE NOTEBOOK 監督: ニック・カサヴェテス 制作: リン・ハ...
| Groovy Groovers | 2005/02/07 1:54 AM |
「きみに読む物語」劇場にて
ファボーレ東宝で2月5日公開の『きみに読む物語』を観て来ました。 『北の零年』にするか『アレキサンダー』にするか迷ったんですが、今回は感動を選びました。 原作は『マディソン郡の橋』をも超えたベストセラー「ニコラス・スパークス」著『The NoteBook きみに読
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2005/02/07 12:06 PM |
「きみに読む物語」評
今週の一本に、百恵紳之助による「きみに読む物語」評/ああ、ラブラブ!を追加。 「きみに読む物語」は、アルツハイマー症を患い、過去の想い出をすべて失ってしまっている初老の女性の元に足繁く通い、彼女に「とある物語」を語り聞かせ続けている初老の男性の物語。
| I N T R O + UptoDate | 2005/02/07 5:20 PM |
こてこてラブ・ストーリー『きみに読む物語』評
本日も引き続き風邪で会社をお休み中。 週末、お台場に映画を見に行ってきた。 海に焦がれて焦がれてしょうがないため、 どちらかというと映画を見るためというより、 お台場に行くこじつけとして映画を持ち出したわけだが やっぱり波のない海は海じゃないね。湖
| VIVA!ちどりあし | 2005/02/08 4:35 PM |
「 きみに読む物語 」バレンタインにぴったりな映画
監督 : ニック・カサヴェテス主演 : ライアン・ゴズリング/レイチェル・マクアダムス/ジーナ・ローランズ/      ジェームズ・ガーナー / ジョアン・アレン /公式HP:http://www.kimiyomu.jp/  もうハンカチなしでは観ることができない映画です。涙でぼ
| MoonDreamWorks | 2005/02/12 11:09 PM |
きみに読む物語THENOTEBOOK
いつまでも、どこまでも、ふたりで一緒に歩いてゆこう・・・。白鳥の舞い降りる湖の見える窓辺でたたずむ一人の老婦人。彼女がいつも怯えているのは、帰りたいのに帰り着けない場所があるということだけは理解できているから。美しい風景の向こうにある記憶のかけらを、
| 映画に恋してる | 2005/02/14 1:24 PM |
映画鑑賞「きみに読む物語」★★★★
当選した劇場券を握り締めて、観て来ました。 この作品もギャガの配給です。 最近ギャガは純愛物を選んでいますね。 予告で流れた「エターナル・サンシャイン」もそうでした。 (予告だけで泣きそうでした・・・) さて、映画の内容ですが、 身分違いの恋を乗り
| 夕刊マダムの悠々優待生活♪読者さん300人突破!ありがとうございます! | 2005/02/15 12:05 PM |
きみに読む物語
きみに読む物語 老人ホームでひとりで暮す初老の女性(ジーナ・ローランズ)そして彼女のもとへ定期的に尋ねてくる初老の男性(ジェームズ・ガーナー)彼は、女性が気分のいい時を見計らい物語りを読みきかせていた、アメリカ南部での小さな街のきらめくような恋の物語りを
| shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋) | 2005/02/22 1:37 AM |
「きみに読む物語」
3月1日映画の日、2本目。 予定外なんだけど、チネチッタに移動。 映画館のはしご、しちゃいました。 さすがチネチッタ、7割くらいの入りでした。 この作品、結構評判はいいらしいので見とこうかなぁ・・・てな感じ。 2004年製作のラブ・ストーリー、123分も
| ひらりん的映画ブログ | 2005/03/03 2:36 AM |
「きみに読む物語」
「きみに読む物語」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 これが普通だよなぁ、とずっと思いながら観ていました。 深く愛していればこそ最後に一人になるのは怖い、それが極々普通の感情だと。 ノアはきっと子供のことも孫
| るるる的雑記帳 | 2005/03/04 4:58 PM |
きみに読む物語
ニック・カサヴェテス監督作品 人は忘れることが出来るから生きていけるのだという人がいる。 でも、忘れてはならないことも忘れてしまったら。 とても大切なことを。 ある人から見たら、どうでもいいことかもしれない。 しかし、当人達にとってはとても大切なこ
| 「月の風」シネマ日記 | 2005/03/05 12:08 AM |
きみに読む物語(2004)アメリカ
「I Love You」の重さを考えさせられる映画
| LOOP THE LOOP〜映画・音楽の部屋〜 | 2005/03/07 12:22 AM |
きみに読む物語
★本日の金言豆★昔の観覧車は座席むき出し 今の大観覧車ほど大きくないとはいえ、大きめのブランコみたいな座席にのったまま回転する観覧車は、スリリングな乗り物だったんでしょうね〜。私よう乗りませんわあんなの。Σ(T□T) 浅草花やしきのジェットコースターを彷
| 金言豆のブログ | 2005/04/22 10:10 PM |
きみに読む物語
こんばんわ、maiです。 今日の映画はこれを紹介したいと思います↓ 著者: ニコラス・スパークス, 雨沢 泰 タイトル: きみに読む物語 バン!!今日はこの映画をご紹介しちゃいます。 この映画は、もともと小説「the notebook」という小説が超売れて
| ミュージックファクトリーの活動日記 | 2005/07/31 2:05 PM |
きみに読む物語
きみに読む物語 スタンダード・エディションライアン・ゴズリング ニコラス・スパークス ニック・カサヴェテス ハピネット・ピクチャーズ 2005-09-23売り上げランキング : 70Amazonで詳しく見る by G-Tools ★ストーリー★ とある療養施設に独り暮らす初老の女性。
| I Love Movie!【ホームシアター映画日記】 | 2005/12/15 11:21 AM |
きみに読む物語
監督:ニック・カサヴェテス 原作:ニコラス・スパークス 出演:ライアン・ゴズリング / レイチェル・マクアダムス ジーナ・ローランズ / ジェームズ・ガーナー 邦題のつけ方が、
| Cinem@niac | 2005/12/28 8:33 PM |
きみに読む物語
療養施設の記憶喪失の女性にアリーとノアの物語を読み聞かせる一人の老人。 その物...
| 三十路パパの子育てライフ* | 2006/01/11 11:47 PM |
君に読む物語/ニック・カサヴェテス
生涯で一度でも純愛と呼べるものを経験できたなら、きっとそれだけで人は生きて行けるのではないか、そんなことを考えた作品でした。誰もが一途に人を愛したいと思っていても、どこかで妥協したり、諦めたりしてしまいます。だからこそこの物語に綴られた純愛に深く感動
| 文学な?ブログ | 2006/06/11 10:33 PM |