Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< 昼下がりの情事? | main | ハナコさんの朝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Cut(カット)2月号と行定監督とビクトル・エリセ監督
Cut (カット) 02月号 [雑誌]
Cut (カット) 02月号 [雑誌]


出版社/著者からの内容紹介 【今号の特集】
今号はCUT創刊15周年のアニバーサリー号!! 「この15年の15人」と題し、ジョニー・デップからリヴァー・フェニックス、ブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、ニコール・キッドマン、スカーレット・ヨハンソン、クエンティン・タランティーノ、ビョーク、カート・コバーンに北野武、永瀬正敏、浅野忠信まで、CUTの歴史を華やかに彩っきた時代を象徴するイコン15人を秘蔵写真&インタヴューで大フィーチャーし、この15年を振り返る。国内外の映画人たちが熱く答える一大企画、「わたしたちが選ぶわが心の映画150本」も!!●ムービー・オブ・ザ・マンスは『RAY/レイ』●『マシニスト』、『ビフォア・サンセット』、『ビヨンド・ザ・シー』、『スパイ・バウンド』、『オーシャンズ12』他

リンクさせて頂いてます「小仙の徒然日記」様の「雑誌Cut15周年」というエントリーを拝見して、早速次の日に購入。映画好きにはたまらない内容です♪
かなり興味深い記事・インタビューが多いのですが、今ちょっと忙しいのでまだ全部は目を通してないのですね。
早くアップしなきゃと思いつつ、かなりエントリー遅れてしまいました(汗)もう2月だよ。

何でタイトルに行定監督とビクトル・エリセ監督が出てくるのか?
いや、それがですねぇ〜この雑誌を購入した日にパラパラ見てましたら、行定監督の写真が目に入って、インタビューを読んだら行定監督の映画史上で一番好きな作品がビクトル・エリセ監督の「エル・スール」だと答えてらっしゃったのです!
エル・スール
エル・スール
この映画、行定監督が高3位の時に地元の映画館でご覧になられたという事なので、多分同じ映画館で同じ位の時期に私も観たと思うのですが、監督は「路」(ユルマズ・ギュネイ監督)の2本立でご覧になったらしいのですよね。
私は確か同じエリセ監督の「ミツバチのささやき」と2本立てで観た記憶が・・・
時期がずれていたのか?謎ですが・・「ミツバチのささやき」はその前にも1度この作品だけ上映の時に観たのですね。

とにかく、このビクトル・エリセ監督の2作品は私にとって、人にあんまり教えたくない「宝物」みたいな作品なのです(笑)
だから、行定監督の中で「エル・スール」が不動の1位だと分って小躍りする位に喜んだのでした♪

本館の日記には書いたのですが以前、*地元フリーペーパーのインタビューで行定監督が
「映画って、ジグゾーパズルだと思ってる」
「優秀な映画はあと最後の1個が見つからない。これは見つからないけど、きっとこうだろうなっていうのを空想する映画です。それが一番いい映画なんです。それは観客が入る余地です。それを観客が想像して、それで完成するのがきっと、いい映画。」

こんな風におっしゃってたのですね。
そして、この「エル・スール」は肝心な部分のピースが3つ位足りない映画だとおっしゃってます。
確かに、当時20代のお子様だった私には非常に難しい映画でしたが、時を経ても尚その詩的な映像が心に残ってる、色褪せない。
そして、非常に哀しい思い出の映画なのです。

*デリすぱ2004年12月3日022号より
「エル・スール」は友人と一緒に観たのですが、映画が終った時に隣で「どうして彼女はお父さんの事を分ってあげなかったの!」って言いながら泣きじゃくっていたのですね。
友人もお父様を亡くしたばかりで、今思うと多分この映画の「父親」と同じ理由で亡くなられたのかも?この時、彼女はエストレリャの事では無く、お父さんの事を分ってあげられなかった自分の事を悔やんで泣いていたのですね。
オイオイ泣いてる友人の隣で、非常に胸が痛んだ記憶があるのです。
ミツバチのささやき / エル・スール ボーナス・ディスク付き スペシャルボックス
ミツバチのささやき / エル・スール ボーナス・ディスク付き スペシャルボックス
全然知らなかったのですが、この2作品がセットになったDVDがあったのですね。
もう欠品で多分手に入らないかもですが・・くすん・・(ノ_・。)
新品・ユーズド価格が¥45000〜だなんて・・足元みやがってこのやろっ!くぅ。

AmazonでこのDVDレビューを書いてらっしゃるles_monocrome_setさんの言葉、
死ぬまでこの作品に巡り会わない人々は多くあるだろうけど、自分がそうでなくて大変誇らしい。

これを読んでジーン・・・。
ビクトル・エリセ監督は10年に1本というペースで作品を出すという非常に寡作な作家で有名だったのですね。
去年10ミニッツオールダー「人生のメビウス」の「ライフライン」で久しぶりに監督の作品を観て涙ぐんでましたが(笑)
「マルメロの陽光」は未見ですが、「ミツバチのささやき」と「エル・スール」の2本で私は充分です(笑)

もしこれからこの作品をご覧になろうと思ってらっしゃる方がいらっしゃったら、スペイン内戦について予備知識を入れておいてご覧になった方が良いかと。
「ミツバチのささやき」と「エル・スール」は対になってる作品だと思いますので出来れば両方ご覧になってみて下さい。
| モン基地の母 | 映画関連 | comments(6) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
小仙 (2005/02/09 8:07 PM)
リンクとトラバありがとうございます。
「ミツバチのささやき」、タイトルは知っていましたが、観る機会がありませんでした。DVDは廃盤ですって。なぜ〜?
あー、観たいですぅ。
お金持ちになったら映画の権利みたいなの買って上映会とかしたいですよ。はぅ。
モン基地の母 (2005/02/09 11:17 PM)
☆ 小仙さん
こちらこそ、コメント&TB有難うございます。
早くエントリーしないと・・と思いつつ遅くなってしまいました。

そうそう!両作品共DVDは廃盤なのです。うぅぅ・・。
思い出すの遅すぎでした。早くに気がついていれば・・・。
近くのレンタルショップには「ミツバチのささやき」のDVDは置いてあるのですが、「エル・スール」が無いのです(泣)
あぁ・・でもやっぱり手元に置いて一人で楽しみたい・・・

子供を撮らせるならエリセ監督と是枝監督!(笑)
「ミツバチ〜」に出演してるアナちゃんのこぼれ落ちそうな瞳が非常にキュート♪演技も非常に素晴らしいです!
確か「カラスの飼育」という作品にこの後出演してます。

本当に、上映会して欲しいです・・多分こちらでは10ミニッツ〜みたいに地元の大学映研が主催するようなイベントが無いと絶対に観れないでしょうね。くぅ・・。
OKZ (2005/06/01 8:36 PM)
TB失礼致します。
数年前に観ましたが、スペインの色彩と、目線が忘れられない映画となりました。
モン基地の母 (2005/06/01 9:43 PM)
☆ OKZさん
こちらこそ、TB&コメント有難うございます。
一度観たら絶対に忘れられない映画ですよね。
このエントリー後にエル・スールのビデオを置いてるレンタルショップも見つけたので、久しぶりに観る事ができました♪
水面 (2006/01/29 10:43 AM)
モン基地の母さんがうらやましい!!
ずーーーーっと「エルスール」を探しているのですが、
全く見つからずまだ一度も目にしたことがないのです。
私の住んでいる街ではレンタルはおろか廃盤で入手も不可能
どこかのサイトでは(プレミアが着いて2万円)
いつか復活してくれると嬉しいなぁ〜〜〜
モン基地の母 (2006/01/29 9:40 PM)
☆ 水面さん
こんな名作が廃盤だなんて信じられないですよね(怒)
オークションとかでも高値でとても買えないし、本当に再販して欲しいですよ。
どこかに置いてあるショップがあると良いですね♪











url: http://chu.jugem.cc/trackback/182
雑誌「Cut」15周年
「CUT」2月号(720円、rockin'on) 15周年スペシャル企画! おもしろそう。購入予定です。 ジョニー・デップのインタビュー、映画150本、「ビフォア・サンセット」「RAY/レイ」など。
| 小仙の徒然日記 | 2005/02/09 8:08 PM |
温故知新
26.「温故知新。」 ま、そんなこんなで、90年代。 それじゃあ、昔のスペイン映画ってどうなのよってな具合で観る機会があったのが、 ビクトル・エリセ監督 『ミツバチのささやき』(1973) 『エル・スール』でした。 この時の想いは、当時、一生懸命にな
| SIDE SWIPE(横殴り) | 2005/06/01 8:33 PM |