Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< フライ、ダディ、フライ | main | 悪い女 青い門 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
やさしい嘘
やさしい嘘 デラックス版
やさしい嘘 デラックス版


監督・脚本:ジュリー・ベルトゥチェリ
脚本:ベルナール・レヌッチ
出演:エステール・ゴランタン、ニノ・ホマスリゼ、ディナーラ・ドルカーロワ他
公式HP
2003年*フランス・ベルギー*102分


レビュー
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
各国映画祭で数々の賞を受賞した感動ドラマ。グルジアで暮らすエカおばあちゃんの楽しみは、パリにいる息子からの手紙だけ。しかしある日、彼が不慮の死を遂げたことで、エカの娘と孫は息子に成りすまして手紙を書き始める。

あなたのことが大切で、本当のことが言えなかった。
劇場へ観に行くつもりでいたのですが、ボヤボヤしている間に観にいけない上映時間になってしまい、結局DVDになってしまいました。

ヨーロッパとアジアが交差する地点に位置する旧ソ連・グルジアの首都トビリシという私のあまり知らない国に住む祖母・母・娘の三世代の女性の物語。
恥ずかしながら、あまり良く知らない国だったので少し調べたら、実に混沌とした歴史のある国でそんな歴史的背景を知った上でこの映画を観るとより理解できるかな?と思いました。
ロシア帝国の崩壊からソ連の崩壊後、独立して新しい国になっているにも関わらず、未だにレーニンを「我らが大将」と崇拝している共産主義者のエカおばあちゃん(エステール・ゴランタン)。
レーニンを「殺人鬼」と呼ぶ娘のマリーナ(ニノ・ホマスリゼ)。
孫娘のエダ(ディナーラ・ドルカーロワ)にいたっては、この国を脱出してフランスへ行く事ばかりを夢見ており、レーニンなんてどうでも良いという感じ。
この三世代のギャップや、電気・水道がいきなり止まったり、家の中の物を売りさばいて家計の足しにしたりとこの国の未だに混沌とした政治情勢がよく伝わってきて興味深かったです。

原題は「DEPUIS QU'OTAR EST PARTI」英題「SINCE OTAR LEFT」だから英題の方だと「オタールが去ったのち。去ってから・・」みたいな感じでしょうか?
この映画の邦題「やさしい嘘」というのは本当に素敵だなと思いました♪
嘘というのはいけないものですが、時と場合によっては過酷な真実よりも嘘で人を優しく包み込んであげる場合もあるのですよね。

この映画の場合は心臓も弱ってるエカおばあちゃんの為に、彼女の唯一自慢である息子・オタールの死をマリーナとエダが内緒にして彼の振りをして手紙を書きつづけるのですが、ウチも心臓の弱い伯母の為に末期ガンであった伯父の病名を偽って伝えたという経験がありますからよくその気持ちは分かるのですね。
「グッバイ、レーニン!」も少し似た様な物語ですが、この映画ではあんなに大掛かりな演出は出てこないです(笑)
イロイロ反発しあっている母娘関係ですが、想う気持ちは一つ。

エカおばあちゃん役のヨーロッパ最高齢の女優エステール・ゴランタン!素敵♪
あの表情、佇まい。素晴らしかったです。
彼女の終盤での思い切った決断。そしてパリでのあのセリフにはもう涙がポロポロ。
一番最初についたマリーナの嘘。終盤でのエカおばあちゃんの嘘。そしてエダの嘘。それぞれの決断。各世代の女優3人が見事に見せてくれます。
エダは希望となって再びこの母娘の物語は巡っていくのですね。
| モン基地の母 | 映画(や行) | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
pico (2005/11/11 8:39 PM)
モン母さま、コメント&TB、ありがとうございます〜!
こちらの記事、うっかり見逃してましたよ〜
でも、同じように感銘できて、嬉しいです!
いい映画でしたよね〜〜〜
そうそう、私も、グッバイレーニン、思いだしました。
グッバイレーニンも大好きですが、この作品も好きな作品のひとつに加わりました。
視点、演出がお国柄がでていておもしろいですよね。
モン基地の母 (2005/11/12 2:17 PM)
☆ picoちゃん
本当に、エカおばあちゃん良かったですよね。
同じようなシーンに感銘を受けてpicoちゃんも書かれていたので私も嬉しかったです♪
グッバイレーニンもこの作品も本当にお国柄が出ていて(普段全然触れない部分なので)非常に興味深くて面白かったですね。
こんな風に映画でそのお国柄事情を知るというのは映画の良い所でもあるなーって思います。
ドラゴン (2009/12/31 12:33 PM)
エカおばあちゃんとマリーナはレーニンではなくてスターリンの事で言い合いをしてます。
スターリンはグルジア出身で、粛清で国民を何百万と殺しているので、マリーナの世代にとっては殺人者であって、エカ世代にとっては、郷土の英雄かもしれません。
モン基地の母 (2010/01/02 11:03 PM)
☆ ドラゴンさま
随分前に観たので全く記憶が・・(笑)
ご指摘どうも有難うございます。









url: http://chu.jugem.cc/trackback/252
やさしい嘘
やさしい嘘 デラックス版2002/フランス・ベルギー/102分●監督・脚本:ジュリー・ベルトゥチェリ ●出演:エステール・ゴランタン    ニノ・ホマスリゼ    ディナーラ・ドルカーロワ    テムール・カランダーゼ    ルスダン・ボルクヴァーゼ    サ
| おかぼれもん。 | 2005/11/11 8:29 PM |