Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< ブロークバック・マウンテン | main | ニュー・ワールド >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
プロデューサーズ
プロデューサーズ コレクターズ・エディション
プロデューサーズ コレクターズ・エディション
ネイサン・レイン


監督:スーザン・ストローマン
製作・脚本・作詞作曲:メル・ブルックス
出演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン、ウィル・フェレル、ロジャー・バート、ゲイリー・ビーチ 他
公式HP
2005年*アメリカ*134分


レビュー
2001年にトニー賞12部門を最多受賞したブロードウェイの最高峰に君臨する伝説のミュージカルの映画化
1959年のニューヨーク。かつてはブロードウェイの大物演劇プロデューサーだったマックス・ビアリストック(ネイサン・レイン)は今やすっかり落ちぶれ老婦人の小切手をせびって暮している。そんな彼のオフィスへ会計士のレオ・ブルーム(マシュー・ブロデリック)が帳簿を調べにやってくる。レオはマックスの帳簿を調べる内に、ショウがコケると出資者に配当を払わなくて済む=プロデューサーが儲かるといったショウ・ビズ界の不思議なカラクリに気がつく。
それを聞いたマックスは失敗確実なショウを上演し、出資金を丸ごとせしめてしまおうと企む。かくしてレオとマックスは史上最低のミュージカルを作るべく奔走するのだが・・・

メル・ブルックス監督・脚本、ジーン・ワイルダー、ゼロ・モステル出演でアカデミー脚本賞を受賞した作品はコチラ
プロデューサーズ
プロデューサーズ

あまりミュージカルって好んで見る方では無いので12日のレディースデーにはモン基地が観たがっていた「エミリー・ローズ」を観るつもりだったのですが、何となく先日『男おばさん』で紹介があっていて面白そうだったしモン基地も「ちょっとこっちの方が観たいかも?」というので急遽変更(笑)
シネプレの大画面で観てきました♪
結構お客さんも入っていたのですが、序盤は何ていうのかミュージカル独特のオーバーアクト風な演技や言葉など、戸惑ってる風な感じで皆さん全然笑わないんですね。
私は結構レオがマックスのオフィスにやってきてからのシーンとか(年配の女性との絡みとか)面白かったんですけど・・^^;
「ブロークバック・マウンテン」を観た時に外人の方々が2グループ観に来てて、日本人が笑わないような会話の所で同時に笑うんですね。
きっとこの「プロデューサーズ」も日本人にはよく分らない微妙な言葉のニュアンスとかで英語圏の方なら最初から大笑いするんじゃないかなーなんて思いながら観ていたんです。

しかし!レオが『ライナスの毛布』よろしくポケットからブランケットの切れ端を出したあたりから徐々に場内でもあちこちから笑いが。
そうこなくっちゃ(笑)

それにしても、ほんっとブロードウェイのミュージカルをまんま映画にした!って感じでした。
ミュージカルの舞台と同じネイサン・レイン、マシュー・ブロデリックが演じてるそうですが、もう〜〜〜っ!素晴らしい!思わず拍手しそうでしたよ(笑)
本物はこうなんだよ。と見せ付けられた感じ。
きっと舞台を目の当りにしたらもっと感動するのでしょうね。
「シカゴ」「オペラ座の怪人」とはまた全然違った感じでこれぞブロードウェイのミュージカル!って印象が強かったです。

とにかく主役の二人も素晴らしいのですが、アクの強っよーいロジャー・バートとゲイリー・ビーチのゲイコンビもかなり爆笑だったし、また演技・歌も上手い!思いの他ユマ・サーマンも歌が上手くて頑張ってるな。といった感じ。
そして、ウィル・フェレル・・「奥様は魔女」は未見なのですが、こちらではかなり弾けた感じではまり役でしたね。歌も踊りも上手いし、役者さんというのは本当に凄い!と思いました。

エンドロールでは途中で帰ってる人が結構多かったんですけど、最後の最後までサービス満点!笑えます。
一番最後に「あの人」も出てきますよ♪エンドロール終わりきるまで席を立たぬように!
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://chu.jugem.cc/trackback/341
『プロデューサーズ』 2006・4・9に観ました
『プロデューサーズ』   公式HPはこちら ●あらすじ 1959年、ニューヨーク。ブロードウェイで、今やすっかり落ち目のプロデューサーのマックス(ネイサン・レイン)小心者だけど夢はブロードウェイのプロデューサーの会計士のレオ(マシュー・ブロデリック)
| 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 | 2006/04/14 7:16 PM |
テンション高いよ・プロデューサーズ
仕事が始まって更新できずにいましたが、 今日は休みを利用して映画を見てきました。 「プロデューサーズ」です。 もともとはミュージカルだった作品だそうで、 歌や踊りが満載の、とっても楽しいものでした。 笑い飛ばしてスカッとしました〜。 落ち目の舞
| L E T T E R S | 2006/04/14 8:03 PM |