Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< プロデューサーズ | main | Vフォー・ヴェンデッタ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ニュー・ワールド
ニュー・ワールド コレクターズ・エディション
ニュー・ワールド コレクターズ・エディション
コリン・ファレル


監督・脚本:テレンス・マリック
出演:コリン・ファレル、クオリアンカ・キルヒャー、クリストファー・プラマー
クリスチャン・ベール、オーガスト・シュレンバーグ、ウェス・ステューディ、デヴィッド・シューリス 他
公式HP
2005年*アメリカ*135分


レビュー
イギリスの冒険家ジョン・スミスとネイティブ・アメリカンの少女ポカホンタスの実話をもとにした愛の物語――
1607年、新たな楽園(ニュー・ワールド)を求めてイギリスを出航した船が、長い航海の末に辿り着いたのは北米ヴァージニア。そこには先住民:ネイティブ・アメリカンの人々が暮していた。ニューポート船長は、反乱罪で囚われていた冒険家ジョン・スミスを解放し、先住民との交渉役を任せる。しかし、スミスは戦士に捕えられ処刑されそうになるが、王の末娘ポカホンタスが命乞いをし、彼は救われる。やがて2人は、言葉や文化の壁を超えて深く愛し合うようになるのだったが…。

一生を変えてしまう愛がある
17世紀初頭、“新大陸”アメリカ。
異なる世界のふたりが許されない恋におちた――


21日地元TV局の試写会で観てきました。実に5ヶ月振り位?の試写会です♪
CSの良く見る番組(MTV等)でメイキングやインタビューをチラホラと見てはいたのですが、映像が綺麗な感じだったのでちょっと楽しみでした。
新人のクオリアンカ・キルヒャーが、とにかく当時をまるごと再現したような撮影現場の雰囲気の御蔭で自然に役に入れて良かった。みたいな事をインタビューで言ってたのですが、本当に当時のまま?と思われるような先住民達の住居・メイク・衣装や美しい自然の残る風景がまず心を捉えるんですね。

風の音、風にそよぐ草原の音、水面に映る木々、鳥のさえずり、雨音、そしてそれらを背景に実際のセリフは少なめにスミスやポカホンタス、ロルフの想いを詩的な美しさを感じさせるナレーションによって伝え、実にリリカルな美しさをたたえた映像が非常に印象的でした。
特に、神秘的な雰囲気を醸し出すポカホンタス役の若干15歳というクオリアンカ・キルヒャーが良かったですね。自然の中に佇む彼女は実に純粋・無垢な存在で本当に美しかったです。

何でも、コリン・ファレルとのキスシーンがファーストキスとか?(笑)
私、彼がちょっと苦手なので(だって・・すごい暑苦しいんだもん)違う俳優さんだったら良かったなぁ・・なんて思いながら観てましたが・・^^;
(ファンの方、すみません!)

それに比べてロルフ役のクリスチャン・ベールは良かったです。
(ちょっとトム・クルーズに似てる? 笑)
ポカホンタス(レベッカ)を見つめる眼差しの優しさと全てを包み込む温かさ。
スミスも同じ想いで彼女を見続けていたのだと思いますが、それとは別に彼の視線は彼女を越えた向こうにあったのかな。
でも結局は一番強く彼らを愛で包み込んでいたのはポカホンタスなのですよね。

多分、彼らが実際に目の当たりにした現実というのはもっと過酷で厳しく悲劇的なものだったのかもしれませんが、こうゆう緩慢な描写でも映像美と音楽でごまかしているという感じでは無かったし、これはこれで良かったかな。と思いました。
ただ、物語の起伏があまり無い(どちらかと言うとハリウッド的ではない雰囲気の作品)なので「退屈」と感じる方もいるのではないかな?
私も最初のイメージとその辺は違ったので嬉しい誤算でした(笑)
| モン基地の母 | 映画(な行) | comments(2) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
akky (2006/05/16 6:13 AM)
退屈と感じてしまったのは私です!(笑)
ハリウッド系じゃないほうが普段は好きなんですがディズニーのポカホンタスを期待していたので検討違いでした。
コリンファレル私もダメです〜!なんで人気あるのかわかりません!(笑)それに比べクリスチャンベールは素敵でしたよね&#9825;
TBさせていただきますね!
モン基地の母 (2006/05/16 1:06 PM)
☆ akkyさん
こんにちは。コメント&TB有難うございます。
ディズニーのポカホンタスとはまた全然違った感じでしたよね。
仕事後に観たので途中でねむーくなっちゃって(笑)
監督の前作「シン・レッド・ライン」も先日CSで観たのですが、自然描写など同じ様な雰囲気だったので戦争映画にも関わらず最初の放送では途中で(遅かったし)うとうと寝ちゃいました(爆)好きなんですけどねぇ。

コリン・ファレルどうしてあんなにもてるのか?不思議です(笑)何かあるんでしょうか。
眉がいかんです・・。全体的にどうも暑苦しくって。
クリスチャンベールは良かったですね♪









url: http://chu.jugem.cc/trackback/342
映画「ニュー・ワールド」を香りと一緒に楽しむ
本日公開された「ニュー・ワールド」では、映画の世界を香りで感じることもできます。 香りを体験できるのは、東京と大阪の二つの映画館に設けられた、アロマ・プレミアムシートです。香りを発生させる装置が設置さ
| Windy's MamaLog | 2006/04/22 11:10 PM |
映画「ニュー・ワールド」
原題:The New World 時代は1607年、アメリカ・ヴァージニア、インド航路を開くべく帆船が新大陸に流れ着き、その地で彼らは新世界を築こうと入植するのだが・・・。 ネイティブ・アメリカンとの交流を図るべくジョン・スミス(コリン・ファレル)達は川上
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/04/29 3:51 AM |
The New World / ニュー・ワールド
1607年、イギリスを出航した船が”ニュー・ワールド”北米ヴァージニアに到着する。しかしそこにはすでに、ネイティヴ・アメリカンの人々が暮らしていた。船には反乱罪で繋がれてい
| Cinematheque | 2006/05/16 6:14 AM |
真・映画日記『ニュー・ワールド』『トム・ヤン・クン!』他1本
7時半に起き、 8時に外出。 朝一で映画を観る前に 10時までにTSUTAYA新橋店へビデオを返しに行かなくてはならない。 日比谷線からではなく 半蔵門線→三田線で内幸町へ。 この駅からなら歩いて5分くらいだ。 店に着いたのは9時40分。セーフ! あ、朝一の映画
| CHEAP THRILL | 2006/07/15 5:02 PM |