Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< アキハバラ@DEEP | main | 樹の海 JYUKAI >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ゆれる
ゆれる


原案・脚本・監督:西川美和
企画:是枝裕和
出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、ピエール瀧、田口トモロヲ、蟹江敬三 他
音楽:カリフラワーズ
公式HP
2006年*日本*119分


レビュー
高校卒業と同時に半ば勘当同然で上京し、その後写真家として成功した早川猛。実家では兄の稔が父と共にガソリンスタンドを営業していた。母の一周忌に久しぶりに帰郷したが、相変わらず父親とは折り合いが悪く温厚な兄の稔がいつも二人の中に入り取り成すのだった。翌日、スタンドで働く幼なじみの智恵子と3人で久しぶりに近くの渓谷へドライブに行く事になった。ところが、川にかかる吊り橋から智恵子が転落してしまう・・その時そばに居たのは稔ひとりだった・・。

あの橋を渡るまでは、兄弟でした。

西川監督書き下ろし原作はコチラ
ゆれる
ゆれる

ずっと公開を楽しみにしていました♪カンヌでの上映の様子、監督とオダジョーのインタビューなど見て公開が待ちきれず、本の方から先に読んでしまいましたが非常に良かったので映画の方がますます楽しみに。
コチラでは2日が上映初日で早速レイトショーに行ってきたのですが、ロビーには結構人が多くてビックリ。
改めて本の内容を映像で再確認した感じ。
思い描いていた通りというかそれ以上に素晴らしくて胸がギューンと何とも切ない思いを抱きながら観てました。

西川監督の長編デビュー作「蛇いちご」では兄と妹、そして本作では兄と弟を描いているのですが、一人っ子の私としては何とも兄弟の繋がりというものがどういうものなのかよく分からない部分も多いけれど、根底で繋がっていてお互いの絆というものは簡単には断ち切れない。でも時としてその繋がりは不確かであやふやなものになってしまう事もあるのですね。
愛情と信頼、嫉妬と憎しみ、猜疑心。兄弟でも性格も間逆、兄は全てを受け入れ地味な家業を継ぎ田舎に留まり、弟は全てから逃げ出し都会で華やかな写真の世界に身を置いてる。血の繋がりゆえに複雑で様々な思いが心の奥深いところに積もり重なって澱んでいたものが何かのきっかけでジワジワと自分でも自覚しない内に表ににじみ出てくるのですね。
まさに「ゆれる」心、絆、記憶、吊り橋・・よいタイトルだな。と思いました。

まず、稔と猛(たける)役を演じた香川照之さんとオダジョーが素晴らしかったです!
特に香川さんのやや丸くした背中と正座した後ろ足が良い!!!(笑)
そしてオダジョーもですが、微妙な心のゆれを表情だけで演技する上手さ。
香川さんのお母様譲りでもあるあの目!笑っているのに、目が笑ってない。あの演技が凄いんですよね。人当たりも良く、正直者で穏やかだけど全てを見通していて、知らぬ振りをしてる狡猾な部分も思わせる稔そのものって感じ。
この映画で彼の存在感というのはダントツ。凄い役者さんです。
そして、この二人の上手さを十二分に引き出す西川監督の演出の上手さ。
勿論、脇を固める他のキャストも見事。

「spoon」の6月号「映画とファッション」に監督のインタビューが載っていたのですが、その中で「映像の感覚や演出に自信が無い」などと監督は仰ってるけど、女性らしい細やかな視点で捉えたショットの数々・・例えば畳にこぼれた酒を拭いてる稔のズボンにポタポタと落ちる酒。それを見つめる猛の表情だとか、先に述べた稔が正座して背中を丸くして洗濯物をたたむシーンとか、カット割り、音楽の使い方、映像の美しさ、そして何よりも人間の業の深さ・微妙な感情の揺れを上手く描き映画にした力量はまだ31歳という若さとは思えぬ凄い才能だと思います。
ちなみに監督は映画のモチーフを自分で見た悪夢から得ているそう。そういう夢を見るとすぐにノートに記録したりするそうです。

「父は俺を愛せない」いつからか猛の心の揺れが「記憶」を掛違い、歪め何事も真っ直ぐに受け入れられなくしてしまい、最後に母の遺した8ミリフィルムの「蓮未渓谷の思い出」を見た時、確かにそこに映し出された「真実」を目の当たりにし愕然とする猛。
あのしっかり握り締められた幼い手。ラストの「兄ちゃん!兄ちゃん!」と叫ぶ猛の声。
そして・・・最後の最後に、一瞬だけ見せた兄の表情・・
もう本当に見ていてギューンと心が締め付けられるような思いでした。
エンドロールで流れるカリフラワーズの曲『てくてくてく。おうちに帰ろう〜♪』このフレーズが心に染みます。
本当に素晴らしい作品でした。監督の今後がますます楽しみです。

監督が書かれた小説の方も映画では詳しく語られなかった登場人物たちの背景がよく分かるのでコチラの方もオススメです。
| モン基地の母 | 映画(や行) | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
lin (2006/10/01 1:28 AM)
いい作品でした。
受け止め方は分かれるかもしれませんが、暗喩的なモチーフの使い方や細部の演出も凝っていると思います。香川照之は凄いですねw
モン基地の母 (2006/10/01 10:15 AM)
☆ linさん
コメント&TBありがとうございます。
本当に秀作でした♪観てよかったです。
オダジョーファンなのですが、この作品では香川照之さんが凄かったですね。
pico (2006/10/24 12:01 PM)
モン母さま、こんにちは。
原作、読みました。ぐらぐらしてよかったです。
でも、これは、映画のがもっといいんだろう〜という予感がします。
見逃してしまったのですが、12月に再上映があるようで、絶対にみにいこうと思ってます。
楽しみです。

WOWOWで、「心が砕ける音」というドラマをやっていたんですけど。
これが、設定がそっくりなんですよ。
しかも、お兄さんは、香川照之。
http://www.wowow.co.jp/kokoro/index.html
タイプの違った兄を演じてらっしゃいました。
なので、余計、みてみたいです。
WOWOWドラマのリピート放送ありましたら、録画しておくりますね。

PS.モン母さまの気配がしないので、ゆれているpicoです。。
モン基地の母 (2006/10/27 1:08 PM)
☆ picoちゃん
イロイロありましてレスが大変遅くなってしまってすみません(汗)
御心配下さって有難うございます。元気です♪

原作お読みになられたのですね。
映画ではオダジョーも素敵でしたが、香川さんの方がとてもインパクトありました。
再上映良かったですね!
是非是非劇場でご覧になられて下さい。
WOWOWのドラマも面白そうです♪









url: http://chu.jugem.cc/trackback/382
真・映画日記(2)『ゆれる』
(1から) 映画館を一旦出て近くのam/pmでケータイの充電とペンネを買い、 映画館にもどりロビーで食べる。 日記がまだ途中だったのでつづきをやるが終わらず。 指定席なので上映5分前に入る。 最近、邦画では『不撓不屈』が良かったと いろんな人に言った
| CHEAP THRILL | 2006/09/12 10:53 PM |
「ゆれる」
 ゆれる オリジナルサウンドトラック 「ゆれる」 ★★★★ (2006年日本) 監督:西川美和 企画:是枝裕和、安田匡裕 原案:西川美和 脚本:西川美和 キャスト:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井
| NUMB | 2006/10/01 1:26 AM |
ゆれる
ゆれる 2006年/シネカノン/119分 ●原案・監督・脚本: 西川美和 ●製作:安田匡裕 是枝裕和 ●出演: オダギリジョー 香川照之 伊武雅刀 新井浩文 真木よう子       蟹江敬三 木村祐一 田口トモロヲ ピエール瀧 写真家として活躍する猛の兄で温厚
| おかぼれもん。 | 2006/12/21 8:56 PM |