Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< 家の鍵 | main | ローズ・イン・タイドランド >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
フラガール
フラガール メモリアルBOX  フラガールスタンダード・エディション


監督:李相日(り・さんいる)
脚本:羽原大介・李相日
出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸辺一徳、富司純子、池津 祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実 他
音楽:ジェイク・シマブクロ
公式HP
2006年*日本*120分


レビュー
昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。人々は数世代前から炭鉱夫・選炭婦として働いてきたが、石炭から石油へエネルギー革命が押し寄せ閉山が相次いでいる。この危機を救うため豊富な温泉を利用したレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”が計画された。そこで目玉となるフラダンスショーのダンサー募集が地元の少女たちに対して行われたが、説明会でセクシーな衣装で踊る姿に大半の応募者が逃げ出し、残ったのは僅か4人だけ。元SKD(松竹歌劇団)のダンサー平山まどかがフラダンスの教師として東京から招かれた。ある事情で渋々やってきたまどかだったが教える相手がズブの素人と分かり完全にやる気を失ってしまう・・・

人生には降りられない舞台がある―――
まちのため、家族のため、友のため、
そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む


素敵なサントラはコチラ
フラガール
フラガール

「シネプレックス熊本」が応募していたペア招待試写会に当たり、モン基地と二人で12日の試写会へ行ってきました。
いつもペアだったらどっちが観に行くとケンカしなくて良いんですけどね(笑)

さて、この作品。随分前に劇場で南海キャンディーズのしずちゃん一人がフラをやってるだけの予告を見た事があったのですが、全く内容を知らず(ま、あれだけの予告ぢゃ 笑)最初は「ウォーターボーイズ」とか、「スウィングガールズ」みたいな感じで素人の子達が皆で頑張ってフラに目覚めていく物語位にしか思っていなかったのですけど、公開間近になって詳細を見てみると、これは実話をベースにした物語だったのですね。

監督が「69 sixty nine」の李相日監督という事で楽しみに試写に臨みましたが、もう想像していた以上の(キャストの女の子達の)フラダンスの素晴らしさに理屈抜きで素直に感動してしまいました!
―――追記―――
米アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門に日本代表として出品される事が決定!おめでとうございます♪
そしてっ!またまた追記
第30回 日本アカデミー賞 最優秀作品賞・脚本賞・助演女優賞「蒼井優」始めとする数々の受賞!おめでとうございます♪
迫り来るエネルギー革命の波に寂れる一方の炭鉱の町で、町おこしの為にそれまで石炭を掘るのに大敵だった温泉を利用したレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」北の町にハワイを作ろう!というプロジェクト・・映画みたいだけど本当の話という所がまず面白かったです。

かつては「黒いダイヤ」と呼ばれた石炭。天皇陛下も視察したという炭鉱に誇りを持つ人々と、彼らの宝である山を閉山して危機に瀕した町を何とかして復興させたい人々との対立、両者の立場から町を思う気持ち、葛藤というものがとても丁寧に描かれていました。
そして昭和40年代当時を再現した炭鉱の風景・炭鉱で働く人々の住宅とか、調度品、洋服など様々な物が素晴らしかったのですが、何と言っても松雪泰子さん演じる平山まどか先生の60年代ファンションが素敵!
寂れた炭鉱の町と華やかな都会の香りを漂わせる彼女のファッションが何ともミスマッチで面白かったですね。
ヘアースタイルもサングラスとか小物も素敵♪

またこの作品の見所の一つとして富司純子・松雪泰子・蒼井優 と世代の違うそれぞれの女優さん達の素晴らしい演技を見れるという事。
豊川悦司扮する谷川洋二朗が母(富司純子)と妹(蒼井優)のことを「女は強いな」とボソッというセリフがあるのですが、必死に家族の為、自分の夢の為に頑張っている正に芯の1本通った「男前」な女性をそれぞれの個性で演じてらっしゃいました。
それにしても蒼井優ちゃんの東北弁?いわき弁?は可愛かった♪(笑)
母親には言いたいこともあまり言えないけど、家族想いで情のあつい少し3枚目風な洋二を豊川さんも熱演。脇を固める男性陣も良かったです。

そして最大の見所はやっぱりフラダンス!
南海キャンディーズのしずちゃん始めとしたキャストの猛特訓の成果は必見。
特に松雪泰子さんと蒼井優ちゃんがソロで踊るシーンがあるのですが、もう素晴らしかったです。仕事とはいえ、特訓してあんな風に踊れるようになるなんて尊敬します。
現在の「スパリゾートハワイアンズ」で撮影が行なわれたというクライマックス蒼井優ちゃんのタヒチアンダンスソロはもう見事で涙出ちゃうほど感動しました。きっと劇場にいらした全員が同じ思いだったと思います。劇場を出る時に皆さん口々に「蒼井優ちゃん凄かったね〜」という言葉があちこちから聞こえてきましたから。
「花とアリス」の終盤にある彼女のバレエを踊るシーンも凄く印象的でしたが、この作品は本当に素晴らしかったです。

ちょっとした笑いあり、悲しい出来事あり、師弟愛あり、色んな要素も加わって、笑ったり泣いたり(かなり多くの方が泣いてらっしゃいました)最後には感動したり。
実話でありながら、誰もが楽しめるエンターテイメントに仕上がっていたと思います。

2006年9月23日(祝)より全国ロードショー 
彼女達のフラダンスを是非大きなスクリーンで体感して欲しいです♪
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://chu.jugem.cc/trackback/386
もっと知りたい→【フラガール】
しずちゃんがアカデミー賞?!
| IQサプリメントでIQアップ♪ | 2006/09/17 3:00 PM |
しずちゃん 渋谷でエロフラダンス
「南海キャンディーズ」のしずちゃん(27)が22日、東京・渋谷のど真ん中で“ヘソ出し腰ふりダンス”を披露した。23日公開の初出演映画「フラガール」のイベントにビキニに腰みのをつけた姿で登場。B103センチ、W82センチ、H102センチという豪快ボディ
| 芸能☆極秘☆ニュース | 2006/09/23 2:57 PM |
真・映画日記『フラガール』
9月28日(木) 久々によく晴れた一日。 少し暑い。 仕事はそこそこ。 夕方、「チケットフナキ」虎ノ門店に寄る。 『フラガール』を見る予定だが、 時間がぎりぎり。 念のため、9月限定の株主優待券ではなく、 年末まで使えるやつを買う。1300円。 午後
| CHEAP THRILL | 2006/10/09 10:47 PM |
昨年の邦画1位は「フラガール」
映画専門誌「キネマ旬報」が、2006年度の映画ベストテンを発表しました。今回で80回目となる「キネマ旬報は、女性監督や若い世代の作り手が高い評価を得たのが特徴だそうです。わたしも今回選出された映画は観に行きました。さすがに心に響くモノがありました...
| 秘伝!夢のネット生活♪ | 2007/01/10 8:20 AM |