Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< 麦の穂をゆらす風 | main | ひな祭りと菜の花♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ドリームガールズ
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション


原作:トム・アイン
監督・脚本:ビル・コンドン
出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダニー・グローヴァー、キース・ロビンソン、シャロン・リール 他
公式HP
2006年*アメリカ*130分


レビュー
1962年、アメリカの自動車産業の中心地・デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナの3人は“ドリーメッツ”というグループを結成し、成功を夢見て新人オーディションへの挑戦を繰り返していた。そんな時、中古車販売会社を経営するカーティスの目に留まり彼のマネージメントで人気歌手ジミー・アーリーのバックコーラスとして彼のツアーに参加することになり人気になるのだが・・・
トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを「シカゴ」で脚本を担当したビル・コンドンが監督、脚本を担当し映画化。

夢は永遠に生き続ける

素晴らしいサントラはコチラ
ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック
ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック

DVD付きのデラックス・エディションはコチラ
ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)
ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)

ジャニファー・ハドソン、噂通り凄かったですねー。
2007年ゴールデングローブ賞、第79回アカデミー賞 助演女優賞受賞となど数々の賞を受賞。いやはや、おめでとうございます!
あの「シカゴ」で脚本を手がけたビル・コンドンが監督、脚本を務めたという事もあり、28日のレディースデーにモン基地と楽しみに行ってきました。
ダイアナ・ロスがデビューするきっかけとなった「シュープリームス」をモデルとした初の黒人だけのミュージカルの映画化という事ですが、勿論当時のシュープリームスの事は詳しく知りませんけど、ヘアメイク、衣装、レコードジャケットとか、広告、「ジャクソン・ファイブ・・?」って思えるグループが出てたりとか、などイロイロ細やかな所まで凝ってましたね。
「ビートルズ」との合成写真には思わず笑っちゃいました(笑)

以前観た「プロデューサーズ」「RENT」の時にも感じましたけど、とにかくキャストの歌の上手さに感嘆しました。
ジェームス・“サンダー”・アーリーを演じたエディー・マーフィーの歌の上手さにも驚きましたね。凄いです。
凄いというなら、やっぱり話題のジェニファー・ハドソン。
ほんっと彼女の歌の強さには圧倒されっぱなし。
しかし・・どこもかしこも誉めてばかりなのでココだけの話・・・

・・正直・・・・・

私には鬱陶しかった

押し付けがましいっていうか、特にあの皆が去って行く時に1人で熱唱するシーンではそれが鼻について歌は凄いんだけど、ちょっと「もう良いから」って思っちゃいましたけど、ま、そんな役柄なのでそう思わせたというのはやっぱり彼女が上手いからなのでしょう(笑)
演技を磨いたらもっと素晴らしい女優さんになられるんでしょうね。
まだお若いし、今後が楽しみ♪
ビヨンセもきれーでしたねー。歌も役柄に合わせて本来の歌い方ではなかったようですが、やっぱり上手いな〜と思いました。演技も良かったし。
この作品の為に10キロ?も減量したってのも凄い(笑)

ストーリーとしては・・ちょっと散漫な感じも無きにしも非ず・・・
ジェニファー演じるエフィーを主役にもってきたらもっと良かったのでは?と思ってしまいました。
・・・ダイアナ・ロスに対する遠慮があったのですか?監督?

それにしても劇場で観るとやっぱり良いですねー。舞台でも見てみたい!
使われている楽曲も良かったしキャストの素晴らしい歌を大迫力の音響で130分という長さも全く気にならずに堪能できましたよ〜♪
エンドロールも凝ってたし☆ 
ミュージカルという事でしたが、殆どステージでの歌がメインなのでミュージカルが苦手な方でも充分受け入れられるのではないかな?とも思いました。

でも・・個人的には「RENT」の方が好きかも(爆)
| モン基地の母 | 映画(た行) | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
pico (2007/03/02 12:27 PM)
ぷぷぷ。
そうですよね〜
あんな風に迫ったら、誰だってひきますよね〜。(笑)
こわいこわいこわい〜。

ダイアナロスは、一度もこのミュージカルはみてないそうですね。
でも、ビヨンセは一応、ダイアナロスにご挨拶に伺ったとか。
ダイアナロスのスターとしてのプライド、素敵です!
ああ、怖い人がいっぱいいて大変!

そうそう、ジェイミーフォックス・・影、薄かったですね。
レイでは、あんなに巧いと思ったのですが、
やはり、ほんものの歌い手さんを前にすると影を薄めてしまうのだな〜と思ってしまいました。
もちろん、歌うところは少なかったのですが。

そうだ!RENTをみなくては!!!
月の風 (2007/03/02 12:47 PM)
ミュージカルと言われると、そうか、と思いますが、普通の映画のように観られますね。
ミュージカルが駄目な私でも観られたので。
実際にステージをメインにしていたのが良かったんでしょうね。

この映画、見方を変えれば、物語として、駄目人間を映画描きたかったように思います。
カーティスを観ていると。
モン基地の母 (2007/03/02 1:07 PM)
早速のコメント&TB有難うございます♪
ジェニファー・ハドソン上手いけどやっぱ引きました(笑)
picoちゃんの怖いっての分かります。ぷ。

ちょっと聞いた話ですが、この作品に描かれているディーナと当時のダイアナは少し違うみたいですよ。
(ココだけの話)フロントを任されるようになった経緯とかはかなり生々しい感じだったとか何とか・・
もしかして、後ろめたい事があるから見れないのかな?(笑)なーんてちょっと思ったりもしました。
なので、むしろエフィーのモデル、フローレンス・バラードの方をもう少し丁寧に描いて欲しかったなと。

そう、ジェイミー・フォックスはさすがに影が薄かったですね。Rayとは全然違うのでビックリ。
「RENT」の楽曲も良いものばかりですよー。ぜひ♪
モン基地の母 (2007/03/02 1:15 PM)
☆ 月の風さん
お、picoちゃんのレス中に!(笑)
コメント有難うございます。

途中までこれがミュージカルってこと忘れる位な感じでしたよね(笑)
なのでミュージカル嫌いでも大丈夫かな。とは思いました。
カーティスの業界で生き抜いていく為のいやらしさ?のような嫌な部分をジェイミーが好演してましたね。
ちょっとあのメンバーの中では影が薄かったのは仕方無いかな。って感じでしたけど(笑)









url: http://chu.jugem.cc/trackback/434
ドリームガールズ
ドリームガールズ 2006米/UIP/130分 夢は永遠に生き続ける ●監督・脚本:ビル・コンドン ●出演:ビヨンセ・ノウルズ ジェイミー・フォックス エディ・マーフィ ジェニファー・ハドソン ダニー・グローバー アニカ・ノニ・ローズ ブロードウェイの大ヒット・ミ
| おかぼれもん。 | 2007/03/02 12:29 PM |