Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< 桜♪ | main | モン基地の好きなモノ♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ブラッド・ダイヤモンド
ブラッド・ダイヤモンド 特別版(2枚組)
ブラッド・ダイヤモンド 特別版(2枚組)


監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン、アーノルド・ボスロー、カギソ・クイパーズ、デイビッド・ヘアウッド、ベイジル・ウォレス、ンタレ・ムワイン 他
公式HP
2006年*アメリカ*143分


レビュー
Amazon.co.jp
タイトルの「血に染まったダイヤモンド」とは、アフリカで不法に採掘され、武器輸入などの資金源となるダイヤ。内戦が続くシエラレオネを舞台に、元傭兵でダイヤモンドを横流しするダニーと、RUF(反政府軍)に家族を奪われた漁師のソロモン、そして不法ダイヤの実態を明らかにしようとするジャーナリストのマディーが、壮絶な運命をたどる。

激しい内戦が続く90年代のアフリカ。反政府軍RUFによって愛する家族と引き離されダイヤモンドの採掘場で強制労働を強いられている漁師のソロモンは、ある日大粒のピンク・ダイヤを発見しそれを秘密の場所に隠す。一方、ダイヤの密輸をしているダニーはピンク・ダイヤの噂を耳にし、ソロモンに近づきある取引を持ちかける・・・

ダイヤの価値を決める“4つのC”――
色 color カット cut 透明度 clarity カラット carat
しかし、実は5つめのC <争い conflict> が存在することを、あなたは知る――


[自由][家族][真実]──彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た。

久しぶりに地元TV局の試写会に当たり2日TOHOシネマズ光の森に行ってきました。
「レジェント・オブ・フォール」「ラスト・サムライ」のエドワード・ズウィック監督作品だったのですね。知りませんでした(笑)
結構好きな監督さんなのですが、同じアフリカを捉えた作品であっても「ナイロビの蜂」のメイレレス監督とは全く「色彩」が違うんですね。私的にはメイレレス監督の方が好み。
特に、終盤でダニーが見るアフリカの景色。美しいけれど、本当の美しさを伝えきれていないって感じが非常に勿体無い!って思いました。

内容は少ししか知らなかったのですが、重厚な社会派サスペンスでしたね。
『ブラッド・ダイヤモンド―紛争ダイヤ』に着目し、映画を通じて私達の知らない(不正取引された)美しいダイヤモンドの裏側に隠された血生臭い真実を知る事ができたという意味では良かったなと思います。
ただ、ある程度想像できるエンディングだったし、エンターテイメント性を考えた(アメリカ的な)演出の為か(内容は違いますけど)民族間の紛争を扱った「ホテル・ルワンダ」のような品格のある作品では無かったのが残念ですが、イロイロ突っ込み所はありつつも迫力あるテロの様子、広大な難民キャンプ、反政府軍RUFなどの描写は凄かったです。
特に、RUFによって選挙で投票出来ないように民間人の腕を切り落とすシーンはそういう現実があった事を知ってはいましたが映像で見ると衝撃を受けたし、強制的に少年達が「兵士」へと洗脳されていく様子は見ていて非常に辛かったです。未だに多くの少年兵が存在しているというのもショックでした。

そのRUFやダイヤを巡る様々な思惑を持った人々の中で翻弄されながらも、愛する家族を取り戻す為に奮闘する愚直な漁師・ソロモンを演じたジャイモン・フンスーが良かったですね。
2006年アカデミー賞の助演男優賞は「リトル・ミス・サンシャイン」のアラン・アーキンでしたが、勿論この作品はとても素晴らしくて彼の演技も良かったけど、私はジャイモン・フンスーが取るべきだった!って思った位に存在感ある彼の演技は良かったです。
(ジャッキー・アル・ヘイリーとマーク・ウォールバーグは観て無いんだけど 笑)
ワルになりきれないダニー役のディカプリオも良い役者さんになったなー。って思いました。ちょっとこの作品ではダニーの背景描写が今ひとつでソロモンの方が存在感ありましたが(笑)でも頑張ってましたね。
実力はあるのだからその内アカデミー賞でも賞をゲットできる日が来るでしょう。

ジェニファー・コネリーも素敵な女優さんになってきましたね♪
広大な難民キャンプを前にしてジェニファー扮するジャーナリストのマディが「CNNでニュースと天気の間位には放送するかもだけど」みたいな事を言うあたり「ホテル・ルワンダ」でも同じ様なシーンがありましたが悲惨な現実を目の当りにしてもどうする事も出来ないジレンマを抱えつつ、真実に迫ろうとするマディーを好演してました。
欲を言うならば、マディーのキャラ的にもう少し骨太な感じがする女優さんが良かったような気もしましたけど(笑)

先日、CSのチャンネルでチラッとこの作品の公開関連番組がある事を目にしたので調べてみたら、この作品の公開日4月7日と8日に「ヒストリーチャンネル」で「ブラッド・ダイヤモンドの真実」魅力的なダイヤモンドの輝きの裏にある真実を見ていく2時間スペシャルが放送されます。
お時間ございましたら、是非ご覧になって下さい。私も見ようと思います。
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://chu.jugem.cc/trackback/443