Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ | main | スウィーニー・トッド  フリート街の悪魔の理髪師 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
転々
転々


原作:藤田 宜永 『転々』
監督・脚本:三木聡
出演:オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子、吉高由里子、岩松了、ふせえり、松重豊、広田レオナ、石井苗子、笹野高史、鷲尾真知子、石原良純、麻生久美子、風見章子、岸部一徳 他
エンディングテーマ:ムーンライダーズ 『髭と口紅とバルコニー』
公式HP
2007年*日本*101分

ずっと公開を楽しみにしていた作品。
ようやくコチラも12日から上映が始まり、18日にモン基地と観に行ってきました。
三木監督と言えば「時効警察」の大ファン♪
シリーズは全部欠かさず観てました★
映画は「イン・ザ・プール」しか観てなくて『亀は意外と〜』『図鑑〜』も楽しみにしていたくせに機会を逃して未見。

ある事情から三浦さん扮する福原が井の頭公園から霞ヶ関までの散歩にオダジョー扮する文哉を付きあわせてブラブラ〜と東京散歩が始まるわけですが、ゆるーい感じのテンポ、二人の会話が良かったですね。
そして相変わらずあちこちにちりばめられた小ネタにクスクス笑わせられるのですけど、今までの作品に比べたら少々抑え気味といった感じ。
また散歩する二人と平行するように福原の妻が勤めていたスーパーの同僚の面々にシーンが切り替わるのですが、これがまた岩松了さん、ふせえりさん、松重豊さんの絡みが(時効警察ファンならお分かりになると思いますが)面白くて笑えるんですよね。
ま、中盤から散歩の進行具合と彼らの動向にちょっとハラハラさせられたり。
彼らにちょっと絡んでくる岸部一徳さんがまた良い味出してました(爆)
また一瞬ですが時効警察の三日月君(麻生久美子)が出演してるのも楽しい♪

福原が以前結婚式のエキストラで出席した際、妻役をやった真紀子(小泉今日子)の所へ文哉を連れて行き、そこへ真紀子の姪で福原を真紀子の夫だと思い込んでいるふふみ(吉高由里子)が来た事から文哉を息子にし、ふふみの前で擬似家族を演じるわけですけど、ある事情から文哉は親の愛を知らずに育ち、福原は以前幼い息子を亡くし、この二人が擬似家族を演じる事から少しずつ心の中で「何か」が変わっていく描写が非常に良かったですね。
彼らを見て何も聞かない真紀子や変?なふふみも良かった。
あの花やしきのシーンとか、スキヤキ&マヨのシーン、そしてあのカレー!
泣きながら食べてるオダジョー良かったな。私も思わず涙。
オダジョーも良かったんですけど、ほんと三浦友和さんがすごく良くって改めて素敵な役者さんになられたな〜と思いました。
原作は未読。結構内容が変更されてるらしいので原作ファンはどうなのかな?と思いますけど、私は良かったと思いました。

私的にツボだったのはやっぱ“オーギョーチー(愛玉子)”のシーン。
「彼が」出てくるとわっ(汗)劇場でもかなり受けてました。
*私、オーギョーチーって知らなかったです
あと真紀子の「お尻(おキク)の線が1本足りないんじゃないの?」ってとこ。
後ろの方でも受けてる人がいたけど、私はどツボで今でも思い出すと笑ってしまう程劇場でも後引く面白さで涙出ちゃいました(爆)
*公式HPも楽しい〜ブログのトリビアも笑えます!

何かクスクス笑って笑って、ホロリ〜と泣いて寒いこの季節にほっこり気持ちが温かくなれた素敵な作品でした。
あ、エンドロール終わるまでちゃんと座ってて下さいね☆
| モン基地の母 | 映画(た行) | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |