Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< モチモチッ♪白いたいやき☆ | main | デトロイト・メタル・シティ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ダークナイト
ダークナイト(クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー出演)
ダークナイト(クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー出演)


監督(原案・脚本):クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン、エリック・ロバーツ、ネスター・カボネル、モニーク・カーネン、ロン・ディーン、キリアン・マーフィ、チン・ハン 他
公式HP
2008年*アメリカ*152分


レビュー
悪のはびこるゴッサムシティでバットマンとジム警部補は正義感溢れるゴッサムシティ希望の光−新任のハーベイ・デント地方検事協力のもとマフィアの資金源の根絶や犯罪撲滅に成果をあげていたが、そこにジョーカーと名乗る謎に包まれた史上最強の宿敵が現れバットマンは窮地に立たされる・・
クリストファー・ノーラン監督の前作「バットマン・ビギンズ」の続編

お前がわたしを殺すか。わたしがお前を殺すか。

最初観る予定では無かったのですが、モン基地がどうしても故ヒース・レジャーのジョーカーを見たい!と言うし、前に地上波で放送された前作「バットマンビギンズ」を何気に見たら面白かったのでお盆休み突入第1日めの13日レディースデーにお墓参りを済ませモン基地とお子様連れで混雑する夏休みモードなシネプレックスへ観に行ってきました。
いやぁ〜(劇場に)観に行って本当に良かった♪
クリストファー・ノーラン監督の描く「バットマン」が一番好きかも。
ヒース・レジャーのジョーカー!良かったよぉ〜〜(涙)
とにかくオープニングから最後まで152分という長さなど全く感じない位、見入ってしまいました。

これまでのシリーズに出てきた(ジャック・ニコルソンやダニー・デヴィート演じた)敵と違い、ヒース風ジョーカーは自分自身の残虐さを楽しむような所があり、混乱し破滅していく世界や人々を目の当たりにすることに唯一の喜びを感じる現代の悪を象徴しているようなリアルな存在。
当然物理的なものを欲して犯罪を犯す悪と違い人々はそんな彼を理解出来ないわけで関わった人間は自分のモラルとか信念を揺さぶられていくんですね。

ブルース(バットマン)は今後の自分の立ち位置を改めて考え悩み、揺ぎ無い信念と正義感を持って悪と立ち向かっていたハーベイ・デント地方検事もレイチェルの一件を機に容易に悪(トゥーフェイス)へと転進してしまう。
そういう意味でこの作品ではレイチェルが非常に重要な存在になってくるのですけど、前作のケイティ・ホームズも今作のマギー・ギレンホールも“レイチェル”としてはどうなんでしょうねぇ・・個人的にはマギー・ギレンホールとか好きな女優さんで知的な所とかまだケイティ(が知的じゃないというわけじゃないけど)よりもレイチェルぽいかな?と思いましたけど今ひとつダークな展開に華やかさが足りないような・・。
クリスチャン・ベイルもヒース・レジャーは言うまでもなく、アーロン・エッカートも良かったし、彼らをマイケル・ケインとゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン大御所がガッチリ!と支えて相変わらずの素晴らしさ。
キリアン・マーフィー(スケアクロウ)が出演していたのは知らなかったのでビックリしましたが(笑)

今回初めてバットマンがゴッサムシティから出るシーンもあり、その辺のアクションも楽しめるしバットポットが出てきた時はひょえぇ〜カッケぇ〜って感じ(笑)
誰もが持ちえる正義と悪の二面性。その辺りの描写やバットマンとジョーカーは決して真反対の存在ではないという描き方、ストーリー展開が実に見事でした。
人間の深層心理を描くのが非常に巧みというか、私の周囲ではかなり不評だった「メメント」も私は面白かったし、きっとこの監督作品とは相性が合うのだと思います(笑)

ヒース・レジャー出演の作品を今後観る事が出来ないのは非常に残念。
あのナース姿には不気味だけど可愛くって笑っちゃったよ。
ヒースに合掌。
| モン基地の母 | 映画(た行) | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
pico (2008/09/03 6:19 PM)
わー!!!
やっと、モン母さまのレビュー、全部読むことができました。(嬉)
さきほど観て帰ってきたところです。
ポニョと二本立てにしたのですが、ポニョがぶっ飛びました。
私も、相性よいみたいで、ラストでボロボロ涙が止まらなくって困りました。
なんで泣けたのかもわからないのですが、とにかく魂に訴えかけてくるものがあって、理屈じゃなくてきづいたら涙がでてました。
映画館でみれてよかったです。
ちょっと迷ってたんですけど、モン母さまに背中をおされてみました。モン母さまに感謝です。
モン基地の母 (2008/09/04 12:41 AM)
☆ picoちゃん
この作品はほんと、めっけもんでした(笑)
最初は劇場では観る予定に入れて無かったのでモン基地に感謝しないと。
picoちゃんは泣いちゃったのですね〜
とにかくズーンと訴えかけてくるものがありましたよね。私もしばらくレビュー書けずにいましたから。
本当に映画館で観れて良かったですよね。

ポニョも・・あの唄が頭の中をグルグル〜(笑)迷ってます。