Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< 桜散りゆく頃・・猫とマンガ展 | main | 鴨川ホルモー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
クローズZERO II
クローズZERO II (小栗旬、山田孝之 出演) [DVD]
クローズZERO II (小栗旬、山田孝之 出演) [DVD]

原作:高橋ヒロシ
監督:三池崇史
出演:小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、金子ノブアキ、高岡蒼甫、桐谷健太、高橋努、鈴之助、遠藤要、上地雄輔、伊崎右典、伊崎央登、三浦春馬、阿部亮平、綾野剛、波岡一喜、深水元基、阿部進之助、松重豊、遠藤憲一、岸谷五朗、山田孝之 他
公式HP
2009年*日本*133分

レビュー
鈴蘭制覇を狙い転校してきた滝谷源治は新勢力「G・P・S」を旗揚げし“百獣の王”と呼ばれる怪物・芹沢多摩雄率いる最大勢力「芹沢軍団」と壮絶な闘いの果てに芹沢を倒し、残る最後の敵“リンダマン”こと林田恵との頂上決戦に挑み見事に敗北。それから数ヶ月後、“血の抗争”により哀しい因縁を生み、以後休戦協定が固く結ばれていた「鳳仙学園」との協定をひょんな事から何も知らない源治が破ってしまい再び鳳仙の侵攻が始まった・・。

地元TV局の試写会で4月9日にTOHOシネマズはませんへ観に行ってきました。
実は前作『クローズZERO』を観てなかったのですが、この前地上波で放送されたのを(もしかしたら試写会が当たるかも?)と一応録画しておいたので早速前作を観てから予習しておきました(笑)

前作はコチラ
評価:
---
Happinet(SB)(D)
¥ 2,793
(2008-04-18)
Amazonおすすめ度:
原作は読んだ事が無いので何とも言えませんけど面白かったです。はい。
いや〜イケメンパラダイス★なトコは期待しておりましたが、失礼ながら正直それ程の期待度はなく、多分試写会じゃなければスルーしてTV鑑賞な作品の一つだったのですけど意外と熱くなっちゃいました(笑)
勿論、目の保養もさせて頂けたし♪

相変わらず芹沢と比べて青っちょろい源治が(前作で勝ち取った)「力」による鈴蘭のテッペンではなく終盤に向けて不器用ながら父や片桐の言葉を胸に、自身の正義を持って人間的にも鈴蘭の頭として成長していく姿が良く描かれていたと思います。
勿論、彼だけではなく鈴蘭の他メンバーや鳳仙の主要メンバーのエピソードなどの描写も丁寧だったのでラストの決戦シーンが凄く効いてくるんですね。
なんか彼らの対決シーンを見て「キレイ」と思った位(笑)痛そうでしたけど。
サイドストーリー(とまではいかないまでも)川西を何とか引き戻そうとする片桐のエピソードも、やべきょうすけの相変わらず熱っつい演技でなかなか良かったと思います。

前作の主要メンバーも個性派揃いでしたけど鳳仙のメンバーもまた強烈★
結構好きなキャストが多くて誰見よう?って感じでした(爆)
お気に入りはやっぱ時生♪セメダインネタちょっと受けました♪♪
この作品の山田クンって「え?これ山田クン?」ってちょっと違う感じですよねー
彼の芹沢もかなり好きです。
来週は「鴨川ホルモー」の試写会なので2週連続で山田クンです(笑)

突っ込み所やあんま笑えないトコもありますけど、まぁその辺はお口にチャックで素直に何も考えずに熱くなるには良い作品かもです。
やっぱり前作をご覧になった方がストーリーの流れ的にも良いかと思います。
| モン基地の母 | 映画(か行) | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |