Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< 井上雄彦 最後のマンガ展 重版「熊本版」 | main | おひさしぶり。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
スラムドッグ$ミリオネア
スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督) [DVD]
スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督) [DVD]


原作:ヴィカス・スワラップ 『ぼくと1ルピーの神様』
監督:ダニー・ボイル
脚本:サイモン・ビューフォイ
出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン、アーユッシュ・マヘーシュ・ケーデカール、アズルディン・モハメド・イスマイル、ルビーナ・アリ 他
公式HP
2008年*イギリス・アメリカ*120分


レビュー
インドで国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”でムンバイ出身の少年ジャマールはあと1問正解を出せば番組史上最高額の賞金を獲得できるところまで勝ち抜いた。しかし、いまだかつて医者や弁護士すらここまで勝ち残った事は無く、スラム育ちで学校も行った事のない孤児である彼がここまで勝ち残った事で八百長の疑いを持たれ逮捕される。彼は一体どうやって全ての答えを知り得たのか?彼が番組に参加した本当の目的とは・・

運じゃなく、運命だった。

ゴールデン・グローブ賞最多4部門受賞やアカデミー賞では作品賞・監督賞はじめ8部門受賞という事でTV観ながら監督がダニー・ボイルだし、これは面白いかも?とかなり楽しみにしていた作品。
レディースデーの4月29日、かなーり混雑しているTOHOシネマズ光の森に観に行ってきました。
とにかく、脚本や監督の編修がスタイリッシュで私好み♪
相変わらずスピード感ある映像&音楽。スラムを駆け抜ける子供たち、人々から放出される熱気が伝わってくる映像にグッと心を鷲づかみにされスクリーンに釘付け。
何かメイレレス監督の「シティ・オブ・ゴッド」を思い起こさせるような感じで音楽の使い方といい、上手い!と思ってしまいました。

お馴染みのクイズミリオネア@インド版に主人公が出演して・・と予告でチラッと観ただけで殆ど内容を知らなかったのでどういう展開になっていくのか楽しみだったのですけど、ジャマールがなぜ次々と問題を答える事が出来たのかという謎解きを彼の歩んできたスラムでの人生と並行して見せるという構成が面白かったですね。
兄サリームと弟ジャマールのスラムでは立ち止まって悲嘆にくれる時間も与えない、生きる為の壮絶な日々は衝撃的だけれど、あえて時にコミカルに躍動感溢れる映像&音楽で悲壮感を感じさせない演出が良かったです。
あれだけで充分ダークな部分は伝わってきたし。
何よりもジャマールのピュアな瞳と一途な想い、そして兄サリームの想いも切なくて心に響きました。
そして子役の子供たちも素晴らしかったです。

ラストの踊りもインドという事でダニー・ボイルのジョークっぽくて笑っちゃいましたが余韻を楽しみたかったのも事実(笑)
インドのスラムというダークな部分とジャマールとサリームの兄弟愛、ラティカとの純愛を巧みな演出で寓話っぽくまとめ、爽快感が持てるラストにしたのが今のご時勢だからこそ沢山の賞を受賞した理由なのかなと思いました。
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
こま (2009/05/12 2:17 PM)
モン母さんこんにちは!

すっごく良かったですよね!
とても大好きな映画のひとつになりました☆
モン基地の母 (2009/05/12 3:38 PM)
☆ こまさん
こんにちは。コメント有難うございます♪

噂通りというか、今年(本数は少ないけど)観た映画の中では唯一私のストライクゾーンに変化球で飛び込んできた!という感じの映画でした♪
良かったですよね。