Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< キーマカレー作ってみた。 | main | 山鹿探訪Part2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
山鹿探訪Part1
モン基地が「5日の休みに山鹿の百華百彩イベントに行きたい!」と言うので久しぶりに山鹿市迄行ってきました。
前は国道を使ってたのですが(裏道を知らない)今回は母といつも山菜採りに行く菊池方面325号線から行く事にして1時間ちょっとで到着!

メインの豊前街道へ歩いて約5分程の所に広い観光客用の無料駐車場があるのも嬉しいです♪
早速、今迄一度も行った事の無い「八千代座」に行き、向かいにある「夢小蔵」で八千代座見学&灯篭民芸館共通チケット630円を購入。
(八千代座のみだと520円)
八千代座の歴史等などについては公式HPをご覧になって頂いた方がよくお分かりになるかと。
八千代座
夢小蔵で修復前のビデオを見たり、2階で当時の小道具やら色んな展示物を見た後で数人の観光客の方々と一緒に八千代座へ案内してもらいます。
*興行等などで八千代座が使用中などの場合、見学できない事があるので事前に問い合わせされた方が良いそうです。
まず・・寒っ!部分的に床暖房があるんですけど(笑)
で、最初に目がいくのがこの天井のシャンデリアと広告画!!!
もう圧巻です! (クリックするともう少し拡大してご覧になれます)
(この時は電球が1個切れてましたが 笑)
この広告画は当時の下絵などで再現されたものですが、山鹿ではまだ8店舗が現在も営業されているんですって!凄い。
天井広告画&シャンデリア
このシャンデリアは第二次世界大戦中に金属供出でなくなってしまったそうですが、当時の写真から修理工事の際に再現されて約60年ぶりにこの天井を飾っているという事です。
現在はスイッチ一つでウィーンとシャンデリアが下に下がってきて電球交換も簡単ですが、当時はガスを使用しており専門の技師がいて、長い棒で作業していたそう。
大修理の際にはなるべく当時のままの木材を使い、約80%ほどは当時のまま残してあるという事です。
桝席には当時キセルの火種を置いた為に出来た黒い焦げ痕がアチコチに。
でも一度も火事は起きなかったという事でビックリです。
平土間
黒くて小さいポツポツがあるでしょ?キセルの火種痕です。

2階桟敷席正面から見たところ。舞台に向って右側が上手座敷。
左側が本花道で、右側の細いのが仮花道。
本花道で役者さんが左上のVIP席に向ってポーズを決めるんですね。
2階からの眺め
桝席には現在は4〜5人程入るそうで約650人程を収容だという事ですが、昔は真中にもう1本仕切りを入れて8人入れて約1274人収容だって。小柄だったとはいえ・・凄い。

本花道にある「すっぽん」
去年は中村獅童さんがココから登場されたとか。
床下にみこし状の台があって上下に動く仕組みで忍者とか妖怪とかがここから登場するという事です。
花道
この後、舞台にも上がらせて頂きました♪
(逆光で写真が上手く撮れなくて残念)
客席、結構近い!
舞台からの眺め

赤い毛氈(床暖房になってた)の上からみた舞台天井「ぶどう棚」
丸竹を縄で格子状に組んだものだとか。
天井:ぶどう棚
ここから雪とか花吹雪を降らせているのだとか。

この後は楽屋(天井が低いので、現在は新しい楽屋棟があり、玉三郎さん他役者さんはそちらを利用されてるとか)見学した後に「奈落」へ。
これは舞台下の「せり」
木のストッパーを外して役者さんをポンッと舞台上へ上げて、ストッパーを再びはめて止めるんですって。
せり
せりや廻り舞台は現在でも人力で回していくのだそうで、舞台を支えるレールと車輪はドイツのクルップ社製のものだそうです。
廻り舞台下
奈落から花道下のせまーい通路を歩いてると出てくる階段。
とにかく狭い!役者さん達は衣装やカツラを付けてここをササッと移動しないといけないのですから本当に大変なんですね。
奈落への階段

2階上手桟敷席、昔のお得意さん席(VIP席)から見たところ。
奈落から続く通路を通って出た所が左端にある花道入り口にかけてあるのれん横なんですね。のれんに覗き穴があってそこから登場を待つのだそう。
2階上手桟敷からの眺め
1階桝席が傾斜してるのお分かりになるでしょ?今は床暖房になっているので座ってると暖かいんですが・・人が入ってないこの状態だとやっぱり寒い!
コチラはお値段の安いといわれる2階奥の大向(おおむかい)
かなーり傾斜が急なんですけど、結構居心地良いんですよ。
映画とかの場合はココが良いかもねーって話してました。
大向
本当に詳しく解説して頂いてとても有意義な時間を過ごせました!
普段ではなかなか見れない場所とか見せて頂けるのが良いですよね
今度は玉さまを観に行きたい!でもすぐチケット完売なんですって。
| モン基地の母 | scenery | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |