Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< 永遠のマリア・カラス | main | 黒猫Maukie やってきた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ディープ・ブルー
ディープ・ブルー スペシャル・エディション
ディープ・ブルー スペシャル・エディション


共同監督・脚本:アラステア・フォザーギル、アンディ・バイヤット
音楽:ジョージ・フェントン
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ナレーション:マイケル・ガンボン
公式HP
2003年*イギリス・ドイツ*91分


レビュー
製作7年、ロケ地200ヶ所、撮影フィルム7000時間。
地球の70%を占める海、しかし深海5000メートルを越える水域に入った人間は宇宙を旅した者より少ないと言われ、限られた潜水艇でしか行けない。
この映画ではそんな”未知の世界”をはじめ、私達の知らない海の世界に誘ってくれる壮大なスペクタル、海の物語。

ずっと楽しみにしていた映画でした。
サービスデーでも無いのに、子供連れを含めかなりの人で劇場の小さなロビーはいっぱいでしたよ。
もう!凄い!!スクリーンに映し出されたものは、驚異の世界でした。
ナレーションはあの「ハリーポッターアズカバンの囚人」から出演されてる新ダンブルドア校長役のマイケル・ガンボン。
冒頭から、打ち寄せる波の美しさに見とれてしまいました。
あの色!芸術的な波の動き。
次々と映し出されるそれぞれの「生命」の発する「強さ」神々しいまでの「美しさ」に圧倒されっぱなしなのです。

そして、「これ、どうやって撮影したの?」って思わせる程の映像!
とにかく「凄い!」の連発。
公式HPのプロダクションノートを見ても、いかにこのプロジェクトが大変だったか分ります。
でも、カメラマンが命がけで撮ってくれた御蔭で私達はこの様な凄い映像を観る事が出来るのですよね。
サメの撮影にはそのスペシャリストのカメラマンだったそうですが、彼は檻にも入らずに手持ちカメラを担いで潜り、何百というサメの真っ只中で撮影したそう!
ひょえぇ〜っ!サメすっごく沢山いたのですよ。

深海の生物なんて、SF映画に出てきそうなエイリアンっぽいのがてんこもりだし、クラゲもまるで美しいレース、シルクの衣装を纏っているかのごとく綺麗だし。
ミナミアフリカマイワシの竜巻なんて、ほんっと凄かった。
これは、いくら書いても伝わらない。
公式HPでは映画に出てきFish Guideや、メイキングムービーなどもありますよ。
| モン基地の母 | 映画(た行) | comments(6) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
銀太郎 (2004/08/16 7:51 AM)
鹿児島では来週からの上映です。
ぜひ観たいと思っています。
ただ、寝ちゃうのではないかというのが心配です・苦笑。
モン基地の母 (2004/08/16 9:23 PM)
これは熊本の方が早かったのですね。
私はクストー船長モノ(古っ!)とか、こういう動物ドキュメンタリーが大好きなので、以前TVで見た事があるようなシーンも出てきましたが、それでも楽しめました♪
もう少し自然の、生物の「声」も聴きたかったな・・というのもありましたが。
「アトランティス」では気持ち良くって私もちょっと寝てしまいましたが(笑)これは大丈夫でしたよ。
nobuko (2004/08/20 9:45 AM)
モン基地の母 さん、 こんにちは。
はじめまして! nobukoです。
tb 有難うございます。

本当に、すごい映像でしたね。
モン基地の母 さんの 記事を読ませていただいて、
また、色々な場面が思い起こされました。

実は、 私、 映像見ながら、 コレ本当に CG ではないのか。。
なんて疑ってしまうほどでした。
これから また、こちらに寄らせてください。
どうぞもよろしくお願いします♪
モン基地の母 (2004/08/20 12:37 PM)
nobukoさん 初めまして。
こちらこそ、TBとコメント有難うございます。
チラッとnobukoさんとこ見させて頂きましたが
素敵ですね〜今は会社からなので、帰ってから
リンクさせて下さいね。

生命の力強さは本当に素晴らしく、神々しく、
美しかったですよね。
近頃の映画はCGオンパレードって感がありますから(笑)
やはり、自然の美しさにはCGも霞んで見える程です。
銀太郎 (2004/09/03 8:53 PM)
観てきました。やっぱり寝ちゃった・・・苦笑。
でも、そのまま2回目も観て、なんとかフォローできました
よ。
しかし、人間ってのはちっぽけなもんだなぁと再確認させられましたね。
モン基地の母 (2004/09/03 10:55 PM)
こんばんは。
うっ・・寝ちゃったの?(笑)
でも分りますよ〜←アトランティスでちょい寝したから
2回観てフォローするとわっ!さすが銀太郎さんですね。
本当に、人間っていうのはちっぽけで、愚かな生き物なのだと
私も改めて思いましたよ。









url: http://chu.jugem.cc/trackback/69
映画「ディープ・ブルー」
"DEEP BLUE"@ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ ★★★★ 大画面で1回観れば充分なので。 撮影の方法などを知るとすごいことをやってのけたんだな〜、ほぉ〜って感動します。海の生物をこれだけ映像におさめるなんて素晴らしい、貴重なフィルムです。北極の白熊の
| 小仙の徒然日記 | 2004/08/18 9:44 AM |
それぞれの。
映画 『 Deep Blue 』 を見てきました。 無限の感じ方と、 無限の感想 が詰まっている映画。 映画終了後、 メデイアージュのその館内に拍手が起こった。 それにしても、 すごい生命力のある星、地球に 生まれてきたんだなあ と。 そして、 地球上の全てが その
| Chu-Chi-Ma-Yu | 2004/08/19 3:08 PM |
ディープ・ブルー / Deep Blue (2003・英・独)
★★★★☆ 91分/カラー 監督・脚本:アラステア・フォザーギル/アンディ・バイヤット ナレーション:マイケル・ガンボン 製作:BBCワールドワイド/グリーンライト・メディア 劇画オバQならぬ劇画ファインディングNEMOもしくはNEMOin世界残酷物語。シャチがアシ
| HALa9000s CINEcolumn | 2004/08/20 12:23 AM |
ディープ・ブルー
「これはスゴイ! 海の神秘の美しさ。それと海の生物の生をかけた戦いのドラマ。大スクリーンで観る価値アリだと思うよ。」 これが今年112本目の観賞です。 いやー、軽ーい気持ちで観たんですけどね。「癒されよう」くらいの。なのに、癒しどころか、その圧倒的な映像
| 30歳独身男Kazuakiの映画日記 | 2004/08/24 12:00 AM |
ディープ・ブルー
■人間はしぶとい病原菌だよ。  この手の大自然ドキュメントなぞは、NHKの深夜になんかよくやっているわけで、そういう番組をテレビで見ようなどとは思わないワタシなのだけれど、いざ映画として公開されるとなれば足を運んでしまったのだから、結果として映画とい
| 【銀太郎的映画感想文】 | 2004/09/06 10:14 PM |
「ディープブルー」試写会にて
試写会で試写会で「ディープブルー」を観てきました。 主催は何処なんだろう、と思ってたんですが、Sea viaというダイバーのショップでした。なるほどね、という感じです。 いつも試写会のときは会場時間に行くと結構並んでたりしてたので、今日は会場の一時間前に行っ
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2004/09/28 7:54 PM |
ディープ・ブルー/アラステア・フォザーギル&アンディ・バイヤット
圧倒的な自然界の映像に心を奪われました。弱肉強食のあるがままの海がこれほど美しいとは思いませんでした。 巨大な鯨が手に届くところを通り過ぎ、思うと深海の奇妙な生命体が映し出され、アシカをシャチを襲い、サメの群れが所狭しと泳ぎまわります。全ての映像が
| 文学な?ブログ | 2006/06/23 2:37 AM |