Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
<< 4人の食卓 | main | ねこちかやってきた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
天使といた夏
天使といた夏


監督:ニコラス・ケンドール
出演:デヴィッド・ボウイ、ビル・スウィッツァー、ガーウィン・サンフォード
  テリル・ロセリー、ザック・リポフスキー、ジェイソン・アンダーソン 他
2000年*カナダ*93分


レビュー
病に冒され死が迫りつつある少年・オーウェン(ビル・スウィッツァー)は年上の友人、ライス(デヴィッド・ボウイ)の他界にショックを受ける。
ある夜、友人達と忍び込んだライスの屋敷で不可解な暗号が記された
オーウェン宛の手紙と手帳を発見し・・

先日、ローカルテレビの深夜映画で「地球に堕ちてきた男」を放映してて、非常に懐かしく途中迄見てたのですね(深夜だったので、寝てしまいました)
私も観たのは随分昔だったので、内容も殆ど忘れていたのですが(笑)
モン基地が「この人バービー人形みたい・・」と綺麗で、まさにお人形のような顔をした若きD・ボウイを見てそんな風に言ってました。
そして、そう言えばボウイが出演していてちょっと観てみたい映画があった!
唐突に思い出し、先日レンタルしてきた次第なのです(笑)

内容的にはよく知らなかったのですが、ファンタジーなヒューマンドラマといった感じでしょうか。
お人形さんみたいなボウイも良いですが、年齢を重ねた今のボウイもカッコイイですよねぇラブ
この映画の役どころも彼のキャラクターに合っていたと思います。

映画を観終わった後の感想としては、「品行方正な映画」だったなぁ〜と(笑)
しかし、一つ間違えるとコケてしまいそうなファンタジーとの融合?を上手くまとめてあったなと思います。
オーウェン役のビル君、なかなか熱演でした。ボウイの事知らなかったのだそうですね。ま、年齢から言って無理は無いですが(笑)
常に「死」を意識してしまい、明日への希望を見出せない苦悩。
ライスの諭す言葉から少しずつ人間的に成長していく様子が丁寧に描かれていたと思います。

劇中に出てくる小物などは結構可愛かったです♪ライスのお庭みたいに素敵なら、あんな鳥小屋も様になるのですよねぇ。
あるシーンで出てくる葬儀屋のおじさんが怖かったです・・ちょっと心臓に悪かった汗かなりドッキリで、恐らく貴重な私の寿命が数時間は縮まったかも?

それにしても、ただのシャツを着ていて庭掃除してるのに、やっぱりボウイはかっこよかったです。
| モン基地の母 | 映画(た行) | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
さるすべり123 (2006/01/03 6:37 PM)
今放送大学でスピリチュアルな痛み、癌の痛みの話
この映画をケーブルテレビで見て、深い感動を味わっています
今骨髄移植後辛い闘病生活を過ごす方、年末訪れた温泉で亡くなられたご家族のことをお祈りします・


モン基地の母 (2006/01/04 12:26 AM)
☆ さるすべり123さん
コメント有難うございます。
ファンタジーな部分はありますけど、本当に優しさに溢れた映画でしたね。
私も癌で逝ってしまった叔母をずっと見てましたけど、最期迄「生」にすがって頑張っていた姿はよく覚えてます。
予期せぬ事でお亡くなりになった方々や、辛い闘病生活に耐えて頑張ってらっしゃる方々の事を思うと、いかに何気ない日常生活が大切なのかというのが良く分りますね。









url: http://chu.jugem.cc/trackback/91