Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
エコール
エコール
エコール
ゾエ・オークレール


原作:フランク・ヴェデキント 『ミネ・ハハ』
監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:ゾエ・オークレール、ベランジェール・オーブルージュ、リア・ブライダロリ、マリオン・コティヤール、エレーヌ・ドゥ・フジュロール 他
公式HP
2004年*ベルギー・フランス*121分*PG12


レビュー
深い森の中、高い塀で外界を遮断された秘密の学校(エコール)。そこにはどこからか眠らされたまま棺で運び込まれた6歳から12歳までの少女達が暮らしていた。大人と言えば世話をする老婆達と2人の女性教師だけ。男性のいない完璧な少女達の世界で彼女達は自然の生態やダンスを学んでいた。春がきてまた6歳になる少女イリスが連れてこられ、最年長のビアンカにはまもなく別れの時が訪れる・・。

大人に孵化する前の、純粋無垢(イノセント)な少女たちの世界へ、ようこそ

サントラはコチラ
エコール サウンドトラック
エコール サウンドトラック
レオシュ・ヤナーチェク 他

もう去年からずぅーっとモン基地が楽しみにしていた作品。
コチラでは13日から劇場公開が始まったのですが、モン基地は丁度テスト期間中だったので一足早く私だけ17日のレディースデーに観に行ってきました。
かなり観客も多くてビックリ〜
1週間しか上映が無くて、モン基地は最終日の19日にお友達と行ってきました。
*金曜日はペア割引があるので
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(あ行) | comments(0) | trackbacks(1) |
イン・ハー・シューズ
イン・ハー・シューズ
イン・ハー・シューズ
キャメロン・ディアス


原作:ジェニファー・ウェイナー 『イン・ハー・シューズ』
監督:カーティス・ハリソン
出演:キャメロン・ディアス、トニー・コレット、シャーリー・マクレーン、マーク・フォイアスタイン 他
公式HP
2005年*アメリカ*131分


レビュー
Amazon.co.jp
ルックスは最高だけれど責任感ゼロで問題ばかり引き起こす妹マギー。弁護士というキャリアを築いているけれど、自分を押し殺してきた姉ローズ、そしてとある心の傷を引きずってきた祖母のエマ。そんな3人が自分らしい人生を築こうとする様を、なかなか自分にピタリと合う靴を見つけるのが難しいという話になぞらえて見せる作品。


原作はコチラ
イン・ハー・シューズ
イン・ハー・シューズ
ジェニファー ウェイナー

予告を劇場で観た時に、とても良さそうだったので観に行こうと思いつつ、観そびれてしまった作品。ようやくDVDで観る事が出来ました。
偶然にも今年は「キンキー・ブーツ」「靴に恋して」と靴にまつわるお話が続いております(笑)
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(あ行) | comments(0) | trackbacks(0) |
王の男
王の男 コレクターズ・エディション (初回限定生産) 王の男 スタンダード・エディション 


原作:キム・テウン 『イ(爾)』
監督:イ・ジュンイク
出演:カム・ウソン、イ・ジュンギ、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン、ユ・ヘジン、
チャン・ハンソン、チョン・ソギョン、イ・スンフン 他
公式HP
2006年*韓国*122分


レビュー
16世紀初頭。旅芸人一座の花形、チャンセンと女形のコンギルは巡業中のある夜に一座を抜け出し国一番の芸人になるべく漢陽の都へやってくる。そこで知り合った芸人ユッカプ、チルトゥク、パルボクと共に時の王・ヨンサングンと元妓生だった愛妾のノクスを皮肉った芝居で大人気になるが、王の重臣によって捕らえられしまう。「王が笑えば侮辱じゃない」と反論するチャンセンの言葉に、王の前で命をかけた芝居をすることになるのだった・・・

それより奥は、見てはならない。

12月20日発売のDVD付きサントラはコチラ
王の男 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
王の男 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)

韓国では4人に1人が観て、韓国のアカデミー賞と言われる第43回大鐘賞映画祭で15部門にノミネートされ、史上最多の10部門受賞(人気賞含む)という事で前からえらく気になっていた作品。
夏にその大鐘賞の授賞式(録画)をTVで見たのですが、なる程『王の男』オンパレードで凄いんだなぁと改めて思い、ますます公開を楽しみにしていたんですね。
歴代動員新記録を樹立する大ヒットになったも「トンマッコルへようこそ」に興行成績は抜かれたようですが、私はトンマッコルよりも王の男の方が断然好み♪

実はこの作品、先日試写会が当たっていて当然、楽しみにしていた私が行くつもりだったのですが・・腰を悪くして通院中。試写会場のシネプレックスのレザーシートはちょっと辛いかも?と迷っていたら、9日の初日プレゼントにコンギル役のイ・ジュンギサイン入り生写真がもらえるという事を知り・・モン基地に気持ちよく試写会は譲り、私は初日の9日に観に行ったのでした(笑)
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(あ行) | comments(2) | trackbacks(0) |
犬神家の一族
犬神家の一族 完全版 2006&1976 【初回限定生産3枚組】  犬神家の一族 通常版


原作:横溝正史 『犬神家の一族』
監督:市川崑
出演:石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之介、富司純子、松坂慶子、万田久子、葛山信吾、池内万作、岸部一徳、螢雪次朗、奥菜恵、永澤俊矢、加藤武、尾藤イサオ、石倉三郎、三谷幸喜、深田恭子、林田木久蔵、中村玉緒、大滝秀治、草笛光子、中村敦夫、仲代達矢 他
公式HP
2006年*日本*135分


レビュー
日本の製薬王、犬神財閥の創始者・佐兵衛が死去。遺言状を開封する条件は犬神家の一族が一同に会する事。長女の松子の長男が戦地からひどい火傷を負い素顔の分からぬ状態で戻りようやく遺言状が開封されるが、その財産は条件付きで佐兵衛の恩人の孫娘・野々宮珠代に譲る事が記されていたのだった・・・

金田一さん、
事件ですよ──


シリーズ第1作、1976年のオリジナル版はコチラ
犬神家の一族 コレクターズ・エディション (初回限定生産)
犬神家の一族 コレクターズ・エディション (初回限定生産)

市川崑監督のオリジナル版から何と30年振りなのですね。
私は後からTVで放送されたのを見た記憶があります。
犬神家と言えば、佐清の白マスクと湖面から突き出た足が印象的でしたね〜
今回はシネプレックスのペア招待試写会に当たりモン基地と7日に行ってきました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(あ行) | comments(2) | trackbacks(1) |
イン・ザ・プール
イン・ザ・プール
イン・ザ・プール


原作:奥田英朗 『イン・ザ・プール』
監督・脚本:三木聡
出演:松尾スズキ、オダギリジョー、市川実和子、田辺誠一、MAIKO、森本レオ、岩松了、ふせえり、きたろう、三谷昇、ちはる、戸田昌弘 他
2005年*日本*101分
レビュー
Amazon.co.jp
伊良部総合病院の地下にある神経科の精神科医、伊良部のところに24時間勃起しっぱなしという病に冒された営業マン、家のガス、電気、鍵をしめたか気になって、何度も確認のために帰宅してしまう強迫神経症のルポライターなどの患者がやってくる。が、そんな患者たちも引きまくる変人の伊良部。患者を振り回し、いい加減な発言も多いが、その中には核心に迫る言葉もあり、患者たちは次第に伊良部にのせられていく…。
直木賞を受賞した奥田英朗の『空中ブランコ』の伊良部シリーズ第1作が、松尾スズキ主演で映画化。


奥田 英朗氏の原作はコチラ
イン・ザ・プール
イン・ザ・プール

観たかったのに、コチラでは劇場公開が無くて忘れた頃、日本映画専門チャンネルで5日に放送されたのをようやく観る事ができました。

今後の放送予定 11月11日12:00、17日25:40、27日18:00、30日11:00
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(あ行) | comments(0) | trackbacks(1) |
家の鍵
家の鍵
家の鍵


原作:ジョゼッペ・ポンティ 『家の鍵-明日、生まれ変わる』
監督:ジャンニ・アメリオ
出演:キム・ロッシ・スチュアート、アンドレア・ロッシ、シャーロット・ランプリング、アッラ・ファエロヴィック、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ 他
公式HP
2004年*イタリア・フランス・ドイツ*111分


レビュー(オフィシャルサイトより)
若き日、出産で恋人を失った衝撃から、生まれてきた我が子も手放してしまった父親ジャンニ。15年の空白を経て、障害を持った息子パオロと出会った彼は、パオロをミュンヘンからベルリンのリハビリ施設に送り届けることになった。初めて息子と向き合い、戸惑いを隠せないジャンニ。明るく振舞ってはいるが、心に寂しさを湛えたパオロ。ぎこちない父と子の関係は、短い旅を共に過ごすなかで少しずつ変わってゆく。

パオロ、うちへ 帰ろう
ミュンヘンからベルリン、そしてノルウェイの海辺の町へ、
15年の空白を経て出会った父と息子が辿る
心の旅路


ジュゼッペ ポンティッジャ氏の原作はコチラ
明日、生まれ変わる
明日、生まれ変わる
ジュゼッペ ポンティッジャ, Giuseppe Pontiggia, 武田 秀一

昨年2005年のイタリア映画際でオープニング作品として上映され反響を呼び、今年上映が決まったこの作品。
確かカミングスーンTVで何度か予告を見て、ずぅーっと公開を楽しみにしていましたがコチラでも9月9日からようやく公開です。
(でも上映期間が1週間だけで、しかも1日に12:40分1回しか上映がないんです 涙)
早速初日の9日にDenkikanさんへ行ってきました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(あ行) | comments(0) | trackbacks(1) |
アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
成宮寛貴


原作:石田衣良『アキハバラ@DEEP』
監督・脚本:源孝志
出演:成宮寛貴、山田優、忍成修吾、荒川良々、三浦春馬、佐々木蔵之介、寺島しのぶ、萩原聖人 他
主題歌:AAA『Let it beat!』
公式HP
2006年*日本*120分


レビュー
世界の電脳中心地アキハバラ。社会からドロップアウトした5人の若者・ページ、アキラ、ボックス、タイコ、イズムはある出来事をきっかけに偶然出会い、一緒に小さなベンチャー会社“アキハバラ@DEEP”を設立。個々に秀でた技術・知識を結集し、不眠不休で革命的な検索エンジン“クルーク”を開発、IT業界を騒然とさせた。しかし苦労して開発した「クルーク」が巨大IT企業デジタル・キャピタル社に狙われることに・・・
『池袋ウエストゲートパーク』の石田衣良による同名原作の映画化。

引きこもれない夢がある。
奪われたくない夢がある


石田衣良氏の原作はコチラ    TVシリーズDVD-BOXはコチラ
アキハバラ@DEEP              アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX

地元TV局の試写会にモン基地が当たったのですが、私が成宮クン好きなので「行ってきていいよ」と譲ってくれたので8月31日の試写会に行ってきました。
モン基地ちゃんって優しい〜♪なんて事ではなく、本音はそれ程この作品に興味を持ってないというのと、前回の「スーパーマンリターンズ」に続いて私が試写会へ行くと、今度試写会が当った時に2回続けて自分が行けるから(笑)←当った場合交代で行く約束
次は「バックダンサーズ」なのでこれは喜んでモン基地に譲る事に。

そんな家庭の事情は置いといて・・・原作やTVドラマの方は未見なので何とも言えないのですが『池袋ウエストゲートパーク』好きだったし、石田氏の原作なのでそこそこ楽しめるかな?と思って試写会に臨みましたが、その辺はまぁ思った通りの作品でした(笑)
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(あ行) | comments(0) | trackbacks(5) |
オテサーネク
オテサーネク
オテサーネク


原案・脚本・監督:ヤン・シュヴァンクマイエル
出演:ヴェロニカ・ジルコヴァ、ヤン・ハルトゥル、ヤロスラヴァ・クレチュメロヴァ、パヴェル・ノーヴィ、クリスティーナ・アダムコヴァ 他
2000年*チェコ・イギリス*132分*PG-12


レビュー
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
民話を基にしたダークホラー。子供のいない妻を慰めようと、夫・ホラークは木の切株を赤ちゃんの形に削ってプレゼントする。夫人がその切株に本物の子供のように接する内に、チェコの民話と同じように切株は生をうけ、周りのものを食べ尽くしていく…。


本はコチラ
オテサーネク
オテサーネク

モン基地がもう1年・・2年?位前からずぅーっと「観たい観たい」と思い出したように言い続けて(お陰で私もすっかりタイトルは覚えた)なかなか近くのレンタルショップを巡っても無かったのですが、執念というか、モン基地がようやくDVDを見つけ先日レンタルしてきたのでした(笑)
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(あ行) | comments(0) | trackbacks(0) |
ウォルター少年と、夏の休日
ウォルター少年と、夏の休日
ウォルター少年と、夏の休日 SECONDHAND LIONS


監督・脚本:ティム・マッキャンリーズ
出演:ハーレイ・ジェエル・オスメント、ロバート・デュヴァル、マイケル・ケイン、キラ・セジウィック、ニッキー・カット、エマニュエル・ヴォージア 他
角川ヘラルド公式HP
2003年*アメリカ*110分


レビュー
Amazon.co.jp
名子役ハーレイ・ジョエル・オスメントと、マイケル・ケイン、ロバート・デュバルという老名優が共演したハートウォーミングなドラマ。父のいない14歳のウォルターがひと夏の間、母の親類である老兄弟の家に預けられる。どうやら母は、兄弟が隠し持つ大金を狙っているらしい。傍若無人な兄弟の生活に戸惑っていたウォルターだが、彼らの過去の冒険談を聞き、大人へと成長していく。


ちょっと気になっていた作品。先日ようやくNTT西日本のフレッツスクエア内にあるV6ステージで配信が始まっていたのを観る事が出来ました。
*現在は
「ウォルター少年と、夏の休日」6月1日〜7月26日
「モーターサイクル・ダイアリーズ」6月29日〜8月23日
この作品2本を上記期間中、高品質にて配信中♪
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(あ行) | comments(0) | trackbacks(0) |
M:i:III
M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション
M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション


監督:J・J・エイブラムス
出演:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、マギー・Q、ジョナサン・リス=マイヤーズ、ミシェル・モナハン、ローレンス・フィッシュバーン、ケリー・ラッセル 他
公式HP
2006年*アメリカ*126分


レビュー
トム・クルーズ主演で大ヒットしたスパイアクション「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作
スパイを引退して教官になり、フィアンセ・ジュリアとの結婚を間近に控えイーサン・ハントは幸せで充実した日々を過ごしていた。彼女との婚約パーティーの夜、イーサンの元にIMFから新たなミッションが届く。彼の教え子でもある女性エージェントが任務中に消息を絶ち、IMFがマークしている組織側に拘束されてしまったらしい。早速、同僚と共に救出へ向うイーサンだったが・・・

タイムリミット48時間――
この夏、世界各国で
最も不可能なミッションが始まる!


24日の先々行上映をポイントが貯まっていて無料♪だったのでシネプレックスに観に行ってきました。
レイトショーの回だったので多かったです!ど派手なトム様の宣伝効果か?劇場もかなり入ってました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(あ行) | comments(2) | trackbacks(2) |
<new | top | old>