Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スペシャル・コレクターズ・エディション
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スペシャル・コレクターズ・エディション


監督:三池崇史
脚本:三池崇史、NAKA雅MURA
出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、桃井かおり、木村佳乃、香川照之、安藤政信、境雅人、石橋貴明、田中要次、小栗旬、松重豊、塩見三省、石橋蓮司、クエンティン・タランティーノ 他
主題歌:北島三郎 『ジャンゴ〜さすらい』
公式HP
2007年*日本*121分*PG-12


レビュー
壇ノ浦の決戦から数百年後。埋蔵金を巡り源氏と平家の末裔達が対立する村・根畑(ねばた)に流れ者の凄腕ガンマンがやってくる。両軍共、このガンマンを用心棒にするべく動き出し、事態は壮絶な戦いへと激化していくのだった・・
三池崇史監督が描く全編英語による異色の和製ウエスタン活劇。

生き残れるのは、一人だけ。

サントラはコチラ
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ サウンドトラック集

私的にメインキャストが伊藤英明クンって所にどうしましょ。って思っていたのですけど(ファンの方すみません 笑)モン基地が観たいというので(三池監督だしキャストも豪華だし)公開初日の15日、久しぶりにシネプレックスのレイトショーに行ってきました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(0) | - |
呪怨 パンデミック
呪怨 パンデミック


監督:清水崇
出演:アンバー・タンブリン、アリエル・ケベル、ジェニファー・ビールス、エディソン・チャン、宇野実彩子、サラ・ローマー、サラ・ミシェル・ゲラー
藤貴子、田中碧海、尾関優哉 他
声優:オーブリー・箕輪はるか(ハリセンボン)、アリソン・近藤春菜(ハリセンボン)、カレン・村上知子(森三中)、ヴァネッサ・大島美幸(森三中)、レイシー・黒沢かずこ(森三中)、トリッシュ・まちゃまちゃ、イーソン・あべこうじ 他
公式HP
2006年*アメリカ*102分


レビュー
東京でインターナショナル・スクールに通うアリソンは友人と幽霊屋敷と化したある1件の家を訪れる。そこはかつて佐伯伽椰子という女性が夫に惨殺され、息子の俊雄も今だに行方不明となっている家だった・・・
ジャパニーズ・ホラーをリメイクしたハリウッド版「呪怨」シリーズ第2弾。
生みの親でもある清水崇監督が今回もメガホンを執り、日本の呪われた家から海を渡りパンデミックした“伽椰子”の怨念が人々を死の恐怖に陥れていくさまを描く。


多分TOHOシネマズ光の森のロビーで応募したのだと思いますが、モン基地の名前で試写会が当って(ペア招待)モン基地は大喜び・・私は・・・フクザツ・・(汗)
このシリーズを劇場の大きなスクリーン&音響で観る勇気が無い小心者ですが・・ま、酷暑も続いているし、ちょっと涼みに・・というノリで9日の試写会に行ってきました。

・・・・・エディソン・チャンも出演してるし(笑)

しかし・・・マジ最悪な試写会になってしまった・・・。
だって・・↑声優陣みてよ(爆)
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(2) | - |
それでも生きる子供たちへ
All the Invisible Children


監督・出演者は≪続きを読む≫以下参照
公式HP


2005年*イタリア・フランス*130分*PG-12


レビュー
“世界中の子供たちの窮状を救うための映画をつくろう”とイタリアの女優マリア・グラツィア・クチノッタ、キアラ・ティレシとその友人のステファノ・ヴィネルッソ(イタリアパート『チロ』の監督)の呼びかけにイタリア外務省、ユニセフと国連世界食糧計画など各機関が賛同し、7ヵ国から7組8人の映画監督が参加。それぞれの国の子供たちの過酷な現実を独自の視点で描き出したオムニバス・ドラマ

地球の希望は、この子供たちだ。
スラムは遊び場に。ゴミ捨て場は冒険の場に。
子供たちは、生きることの天才だ。


ずっと公開を楽しみにしていた作品。
コチラでも8月4日からようやく劇場公開が始まり、早速5日にモン基地と観に行ってきました。

この作品の予告を見て募金しよう。というクリック募金キャンペーンがあっていたのですね。
私もクリッククリック♪していて、ここでお知らせしよう。と思っていたら、もう終わっちゃったんですね。残念。
18045食(合計360,900円)集まったそうです♪
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(0) | trackbacks(0) |
サイドカーに犬
サイドカーに犬


原作:長嶋有 『サイドカーに犬』
監督:根岸吉太郎
出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、谷山毅、ミムラ、鈴木砂羽、椎名桔平、
トミーズ雅、山本浩司、寺田農、川村陽介、樹木希林 他
主題歌:YUI 『Understand』
公式HP
2007年*日本*94分


レビュー
小4の夏休みのはじめ、父と喧嘩が絶えなかった母が家を出た数日後に“ヨーコさん”は突然やってきた。ドロップハンドルの自転車を乗り回し、大口で笑い、タバコをスパスパ吸い大らかで気が強い。なのにホロリと涙を見せる繊細な優しさも併せ持ってる人だった。そんなヨーコさんに生真面目な私(薫)は驚きの連続だった・・・

あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。

「サイドカーに犬」を収録した原作はコチラ。
猛スピードで母は
猛スピードで母は
長嶋 有

久しぶりにYahoo!のオンライン試写会に当たって16日の開催日に観る事が出来ました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(0) | trackbacks(0) |
300 <スリーハンドレッド>
300 <スリーハンドレッド> 特別版(2枚組)
300 <スリーハンドレッド> 特別版(2枚組)


原作:フランク・ミラー、リン・ヴァーリー
監督:ザック・スナイダー
出演:ジェラルド・バトラー、レナ・へディ、デヴィッド・ウィンハム、ドミニク・ウェスト、ビンセント・リーガン、トム・ウィズダム、マイケル・ファスベンダー、アンドリュー・プレヴィン、アンドリュー・ティアナン、ロドリゴ・サントロ 他
公式HP
2007年*アメリカ*117分*R-15


レビュー
100万のペルシア大軍をわずか300人のスパルタ軍が迎え撃つという伝説的な史実“テルモピュライの戦い”を題材に「シン・シティ」のフランク・ミュラーのグラフィック・ノベルを映画化。
紀元前480年。スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)のもとに東方の大帝国ペルシアからの使者がやってくる。使者は国を滅ぼされたくなければ、ペルシアの王クセルクセスに服従の証を立てろと要求するのだった。「服従か、死か」と問われれば、スパルタの答えはひとつ―。王レオニダスがペルシアの使者を葬り去った瞬間、スパルタは100万の大軍を敵に回した。300人のスパルタの精鋭が王のもとに集結するなか、ペルシアからは大軍が押し寄せてこようとしていた…。


映画のメイキングなどを紹介した本。
300: The Art of the Film
300: The Art of the Film
Tara Dilullo

少し前に彼らの赤マント・パンツ1枚という出で立ちがTVで紹介され、その時はあんまり興味も無くてよく見てなかったのですが、劇場で予告を観た時の映像美と「シン・シティ」のフランク・ミュラーのグラフィック・ノベルを映画化したものだと知り、俄然興味が湧いてきて(あまり乗り気じゃなかった)モン基地を連れ13日のレディースデーにシネプレックスへ行ってきました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(0) | trackbacks(0) |
さくらん
さくらん 特別版
さくらん 特別版
土屋アンナ


原作:安野モヨコ『さくらん』
監督:蜷川実花
脚本:タナダユキ
音楽:椎名林檎
出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、安藤政信、永瀬正敏、美波、山本浩司、小池彩夢、山口愛、遠藤憲一
小泉今日子、石橋蓮司、夏木マリ、市川左團次 他
公式HP
2007年*日本*111分*PG-12


レビュー
江戸時代の吉原遊郭。女衒に連れられた8歳の少女は玉菊屋に買われ、きよ葉と名付けられた。何度も脱走を試みるきよ葉を美しく知性溢れる花魁・粧ひが面倒を見ることになった。17歳となり美しく成長したきよ葉は、ついに初めての客を迎える・・
世界的フォトグラファー蜷川実花の初監督作品。カリスマ漫画家・安野モヨコの同名コミックの映画化。

花魁をなめんじゃねぇよ

原作コミックはコチラ
さくらん
さくらん
安野 モヨコ

スタッフのインタビューを含む、絢爛豪華なキャストたちの素顔に大胆に迫る撮影中秘蔵映像を収めたDVDと監督の写真集はコチラ
さくらん ~花魁音楽画巻~     さくらん写真集
さくらん ~花魁音楽画巻~    さくらん写真集
蜷川 実花

モン基地共々、蜷川実花さんの写真は大好きだったので、この作品もずっと楽しみにしていたのですね。
忙しくてなかなかレビューが書けなかったのですが、7日のレディースデーにシネプレへ観に行ってきました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(2) | trackbacks(1) |
疾走
疾走 スタンダード・エディション  疾走 スペシャル・エディション (初回限定生産)


原作:重松清 『疾走』
監督・脚本:SABU
出演:手越祐也、韓英恵、中谷美紀、豊川悦司、大杉漣、寺島進、加瀬亮、菅田俊、高橋ひとみ、柄本佑、平泉成 他
公式HP
2005年*日本*125分*PG-12


レビュー
Amazon.co.jp
西日本のある町で生まれたシュウジは、ごく普通の家庭で幸せに暮らしていたが、兄の精神が壊れ、犯罪に手を染めてしまったことがきっかけで、家族が崩壊。両親にも捨てられた彼は、引っ越してしまった同級生の女の子に会うために上京。しかし、そこでも悲しい現実が待っていた。
重松清の同名小説を『弾丸ランナー』などのSABU監督が映画化。不幸な現実と必死に闘いながら、一緒に生きる人を求めてさまよう少年の姿が痛々しい、苦い人間ドラマ

誰か一緒に生きてください。

劇場へ観に行くつもりだったのですが結局観そびれてしまい、日本映画専門チャンネルで21日に放送した分をようやく観る事ができました。
*今後の放送予定は1月30日(26:00)2月3日(22:00)
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(0) | trackbacks(0) |
スーパーマン リターンズ
スーパーマン リターンズ 特別版  スーパーマン リターンズ


監督:ブライアン・シンガー
出演:ブランドン・ラウス、ケヴィン・スペイシー、ケイト・ボスワース、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、サム・ハンティントン、エヴァ・マリー・セイント他
公式HP
2006年*アメリカ*154分


レビュー
スーパーマンが謎の失踪をして5年。彼が不在となった地球では犯罪が急増し、おまけに彼の証言を得られず極悪人レックス・ルーサーも仮釈放が認められ出所してしまう。そんな中、5年ぶりに地球に戻ってきたスーパーマンは愛するロイスと劇的な再会を果たしたが、彼女は突然姿を消した彼との思い出を振り切り他の男性と婚約し、子供と3人で住んでいた・・・。


スーパーマン、スーパーマン2 冒険篇・スーパーマン3 電子の要塞はコチラ
スーパーマン 1&2 お買い得ツインパック (初回限定生産)  スーパーマン 3 電子の要塞

3日地元TV局主催の試写会へ行ってきました。
久しぶりっ!おかえり〜スーパーマン!!!もう、そんな感じ(笑)
遥か昔・・今のモン基地位の時に一番最初の「スーパーマン」を劇場で観た時の感情が一気に蘇ってきました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(4) | trackbacks(6) |
サヨナラCOLOR
サヨナラCOLOR スペシャル・エディション
サヨナラCOLOR スペシャル・エディション


監督:竹中直人
脚本:馬場当、竹中直人
出演:竹中直人、原田知世、段田安則、雅子、中島唱子、水田芙美子、内村光良、中島みゆき、久世光彦、大谷直子、三浦友和、風吹ジュン 他
公式HP
2004年*日本*119分


レビュー
Amazon.co.jp
海岸沿いの病院の医師・佐々木のもとに偶然、高校時代の同級生の未知子が入院した。懐かしい思いが蘇る佐々木とはウラハラに、未知子は彼のことを思い出せない。病状は芳しくなく、彼女の恋人の雅夫は入院中の彼女を思いやることもなく、気持ちが沈んでしまいそうな毎日だったが、陽気な佐々木のおかげで入院生活は楽しいものになった。心の距離が縮まっていく佐々木と未知子。しかし、彼には秘密があった…。
竹中直人の監督&主演作は、中年の純情男と薄幸の美女のコミカルで切ないラブストーリー。

サヨナラから はじまることが たくさんあるんだよ

去年、劇場へ観に行くつもりでいたのですが、結局機会を逃してしまいようやくDVDで観る事ができました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(2) | trackbacks(2) |
サクラチル公団
サクラチル公団
*画像はエプソンカラーイメージングコンテスト受賞作品集よりお借りしました。


監督・写真:永津 広空
2006年*日本*23分
Epson Color Imaging Contest Gallery


レビュー
シネフィル・イマジカより
コンセプトの確かさと作品の完成度の高さで、エプソンカラーイメージングコンテスト2004にて審査員の全員一致でグランプリを受賞した『サクラチル公団』。
グラフィックデザイナーである永津広空が、次々に閉鎖されていく団地の風景を二年に亘ってデジタルカメラで撮影し、一冊の見事な写真集に仕上げた「サクラチル公団」を、受賞作品展(2005年2月11日〜3月20日)のために作家自らが上映用に映像として作り直した作品


この作品はシネフィル・イマジカの5月放送分「ジャパニーズ・ショート#28」で放送された分を1度何気に目にして、そのあと先日15日に放送されたのをようやく最後までちゃんと見る事が出来ました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(さ行) | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>