Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
4人の食卓
4人の食卓


監督:イ・スヨン
出演:チョン・ジヒョン、パク・シンヤン、ユ・ソン、チョン・ウク 他
公式HP
2003年*韓国*126分


レビュー
Amazon.co.jp
結婚が近いのに、なぜか不安な気持ちを抱えていたジョンウォンは、地下鉄で目撃した少女ふたりが、その後、母親に毒殺されたことを知る。そのとき、その少女が部屋の食卓にいる姿を目撃。その後、教会の信者のヨンが気を失い、彼は自宅で休ませるが、目覚めた彼女は「テーブルの子どもたちを寝かせたら」と言い、ジョンウォンは驚愕する…。
封印していた過去の記憶が、あるきっかけで主人公を襲い、過去の扉を開けざるをえなくなる姿をスリリングに描いた韓国映画。

早速初日の今日(2日)レイトショーで観に行ってきました♪
1日2回しか上映がなくて、2回目は20時なのでレイトショーになるわけです(笑)
実は、昨夜遅くにこのレビューを書いてアップしたら・・・丁度ジュゲムのメンテナンスと重なって、全部消えてしまいました(大泣)リベンジ!です。くぅ〜

この映画は座席から数センチ飛び上がるような音響+ビックリするような派手なホラー映画の怖さではなくて、ジワリジワリと深層心理に迫ってくるような怖さでした。
スクリーンに映し出される、あちこちに散りばめられた登場人物達の「心のトラウマ」「恐怖」を私達・観客が映画を観終わった後に一つに繋げてみると・・この映画の宣伝コピーにもあるように、「観客の数だけ違ったストーリー」「観客の数だけ謎が生まれる」まさにそんな感じがしました。
私はあんまり深く考えずに、自分なりにこの映画を理解し、結果とても哀しいやるせない気持ちになりました。
投げかけられた「謎」を深く考えると、全然分んないから(笑)
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(や行) | comments(8) | trackbacks(7) |
山の郵便配達
山の郵便配達


監督:フォ・ジェンチイ
出演:トン・ルゥジュン、リィウ・イェ 他
1999年*中国*93分


レビュー
Amazon.co.jp
中国・湖南省西部の山間地帯。車も容易に通れないこの地域にて、徒歩で郵便配達の仕事を続けてきた初老の男(トン・ルゥジュン)が足を患い、息子(リィウ・イェ)が仕事を引き継ぐことに。しかし父は息子の初仕事に同行し、それを自分の最後の務めとしようとする…。
中国第6世代のフォ・ジェンチイ監督による、素朴で奥深い人間ドラマ。今の日本映画界が忘れてしまった詩情に満ちあふれた傑作である。父から息子へと受け継がれていく、仕事の技術と誇りと信念。夕映えの中、息子が飛ばす紙ヒコーキが、これからの世代の旅立ちを見事に象徴してくれている。美しさと同時に、その厳しさまで醸し出す自然描写も素晴らしい。

ずっと気になっていた映画。ようやく見れました。
父親というものは得てして、無口で何を考えてるのか子供にはちっとも分んなかったりする事が多いです。(勿論、例外もありますよ〜)
重い郵便物を背負い、山間に点在する村を回り集配するという過酷な仕事をして、殆ど家に居ない父親(トン・ルゥジュン)を持つ息子(リィウ・イェ)
足を悪くした父の仕事を受継ぐ事になった息子の初めての集配に付いて行く父親。
何となくギクシャクしている親子関係が、この集配の旅で次第にお互いを理解し絆が更に深まっていく過程が、美しい風景と共に描かれて実に清らか。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(や行) | comments(2) | trackbacks(0) |
ユリイカ(EUREKA)
ユリイカ(EUREKA)


監督:青山真治
出演:役所広司、宮崎あおい、宮崎将 他
2000年*日本*217分


レビュー
Amazon.co.jp
九州で起きたバス・ジャック事件で、辛くも生き延びたバス運転手・沢井(役所広司)と、乗客の直樹(宮崎将)、梢(宮崎あおい)の姉妹は、2年後に偶然再会したのを機に共同生活を始めるようになる。そこに兄妹の様子を見に来た従兄の秋彦(斉藤陽一郎)が加わり、疑似家族の様相を呈してきた4人は、やがて再びバスに乗って再生の旅に出た…。
2000年のカンヌ国政映画祭で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞を受賞した、心に傷をもつ人間たちの再生の旅を描いた青山真治監督の秀作ヒューマンドラマ。3時間37分という長尺ながら、モノクロ映像を駆使して静かに人間をとらえる作者の真摯な眼差しゆえに、じっくりとその世界観に入り込むことができる。九州の方言を巧みに活かすなど、言語を大切にした演出もすばらしい。(的田也寸志)
これは、確か・・2001年位の公開?直後からモン基地が「見たい見たい!」と言ってた映画。小6にしては渋いですな(笑)
そして、先日ようやく念願かなって?モン基地がDVDを借りてきました。
しかし・・・時間を見てびつくりん!さ、3時間37分!モン基地も受験の為、なかなか見る機会が無くて、夜2日間に分けて見る事に。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(や行) | comments(4) | trackbacks(2) |
<new | top | old>