Cat Tail * cinema

モン母が見た映画のご紹介、我が家の猫・フェレットの写真など♪
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
★ きょうのてんき ★
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ブラザーズ・グリム
ブラザーズ・グリム DTS プレミアム・エディション (限定生産)  ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション


監督:テリー・ギリアム
出演:マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ、レナ・へディ、ジョナサン・プライス、ピーター・ストーメア、マッケンジー・クルック 他
公式HP
2005年*アメリカ・チェコ*117分


レビュー
Amazon.co.jp
童話の原作者として知られるグリム兄弟を主人公にしたファンタジー。19世紀初め、フランスが占領するドイツで、悪魔ばらいと称して詐欺をはたらく兄弟が、呪われた森に住む本物の魔女と闘うことになる。テリー・ギリアム監督の演出により、兄弟を演じるマット・デイモンとヒース・レジャーが、これまでの作品とは違った新たな魅力を放つ一作だ。「赤ずきん」「ヘンゼルとグレーテル」など多くのグリム作品が物語のキーワードとして使われているのがポイント。


劇場へ観に行く気まんまんだったのですが、なぜか行きそびれてしまいようやく28日にDVDで鑑賞。
本当はこういう作品って劇場向けだと思うので臨場感とか半減してしまって期待していたよりも・・・?って感じではありましたが、まぁ結構楽しめました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(0) | trackbacks(0) |
ぼくを葬る(おくる)
ぼくを葬る
ぼくを葬る


脚本・監督:フランソワ・オゾン
出演:メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ、ダニエル・デュヴァル、マリー・リヴィエール、クリスチャン・センゲワルト、ルイーズ=アン・ヒッポー、アンリ・ド・ロルム、ウォルター・パガノ、ウゴ・スーザン・トラベルシ 他
公式HP
2005年*フランス*81分*R-15


レビュー
パリで活躍するフォトグラファー・ロマンはある日撮影中に突然倒れ、診断の結果不治の病で余命3ヶ月と宣告される。様々な感情の嵐にのみ込まれながらも、彼は病の事は一切恋人や家族には告げず一人で死と向き合おうと決心した。しかし、ロマンの唯一の理解者である祖母だけには真実を打ち明けるのであった・・・

余命3ヶ月―――。
あなたには何が残せますか?


早く観たかったのに、こちらではようやく7月15日からの公開。
オゾンフェチなモン基地と一緒に19日Denkikanさんへ観に行ってきました♪
もう〜っ!やっぱりオゾン監督好きっ♪
もう一度観に行きたい!って思ったら1週間しか上映ないって・・汗
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(4) | trackbacks(2) |
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ジョニー・ディップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ、ステラン・スカルスガルド、ジャック・ダヴェンポート 他
公式HP
2006年*アメリカ*158分


レビュー
2003年に公開され世界的に大ヒットした前作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」の続編。
不死の海賊バルボッサとの壮絶な闘いを乗り越え、再びブラックパール号の船長となったジャック・スパロウ。しかし彼に最大の危機が訪れようとしていた。深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズと13年前ブラックパール号を手に入れるため自らの魂と引き換えに“血の契約”を交わし、その契約の刻限が迫っていたのだ・・・

さらば、ジャック・スパロウ−−−

サントラはコチラ
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト オリジナル・サウンドトラック(2万枚限定生産)(DVD付)
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト オリジナル・サウンドトラック(2万枚限定生産)(DVD付)

前作『呪われた海賊たち』から3年も経つんですねー。
久しぶり♪ジャック・スパロウへ会いに16日シネプレックスの先行上映に行ってきました。
レイトショーでしたが、まぁ〜凄い人。ほぼ満席状態でした!
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(4) | trackbacks(9) |
花よりもなほ
花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産)  花よりもなほ 通常版


原案・脚本・監督:是枝裕和
出演:岡田准一、宮沢りえ、田中祥平、古田新太、浅野忠信、香川照之、國村隼、原田芳雄、中村嘉葎雄、田畑智子、上島竜平、木村祐一、千原靖史、
加瀬亮、平泉成、絵沢萠子、石橋蓮司、夏川結衣、寺島進、遠藤憲一、田中哲司、中村有志 他
公式HP
2006年*日本*127分


レビュー
時は元禄15年、徳川5代将軍綱吉の時代。信州松本から父の仇討ちのために江戸に出てきた若い武士・青木宗左衛門は武士とは名ばかりで剣の腕はからきしダメときた。貧しいながらも人情溢れる長屋で暮らす内、向いに住む美しい未亡人おさえに淡い恋心を抱いてしまうわ、あろうことか「仇討ちしない人生」もあると思うようになってしまった。果たして宗左衛門は仇討ちするのかしないのか?・・・

弱い。貧しい。逃げ足速い。
へっぴり侍・青木宗左衛門、見参!


是枝監督が書き下ろした原作小説はコチラ
花よりもなほ
花よりもなほ

是枝監督ファンとしては何よりも早く観たかったのですが、モン基地の風邪が移って(歳のせいか?)移した本人よりも悪化してしまい、しばらく映画館に行くのは我慢していたのですが体調も何とか良くなってきたのでようやく21日のレディースデーに観る事ができました♪
いつも行くシネプレックスは丁度良い時間が無かったので久しぶりにワーナーマイカル・シネマズへ行ってきました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(2) | trackbacks(3) |
ぼくは怖くない
ぼくは怖くない
ぼくは怖くない


原作・脚本:ニコロ・アンマニーティ
監督:ガブリエレ・サルヴァトレス
出演:ジョゼッペ・クリスティアーノ、マッティーア・ディ・ピエッロ、アイタナ・サンチェス=ギヨン、ディーノ・アッブレーシャ、ディエゴ・アバタントゥオーノ 他
公式HP
2003年*イタリア*109分


レビュー
内容(「Oricon GE」データベースより)
「エーゲ海の天使」のジュゼッペ・クリスティアーノ監督作品。記録的な猛暑に見舞われた1978年のイタリア。10歳の少年ミケーレは偶然、廃屋の穴の中で鎖につながれた少年を発見する。少年の事が気になって仕方ないミケーレは少年と大人たちとの関係にある恐ろしい“何か”に気付き始める…。

必ず きみを守る

原作はコチラ
ぼくは怖くない

コチラでは劇場公開が無かったと思うんですね。あるイベントで上映があってそちらは応募するのを忘れていたので観る事ができずに気になっていた作品。
27日にシネフィル・イマジカで放送されたのをようやく観る事ができました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(2) | trackbacks(1) |
Vフォー・ヴェンデッタ
Vフォー・ヴェンデッタ


製作・脚本:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
監督:ジェームズ・マクティーグ
出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィーヴィング、スティーヴン・レイ
スティーヴン・フライ、ジョン・ハート、ティム・ビゴット=スミス 他
公式HP
2005年*イギリス・ドイツ*132分


レビュー
イギリスのコミック誌に81年から連載されたアラン・ムーア作・デヴィッド・ロイド画による同名劇画をベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。
独裁国家となった近未来のイギリス。暴政・圧政に反抗し、反ファシズムを掲げテロ行為を繰り返す謎の仮面の男“V”。テレビ局で働いているイヴィーは外出禁止時間帯の夜に、窮地に立たされ偶然にもVに助けられた。図らずもVの協力をするうちに、少しずつ彼女の中で何かが変わろうとしていくのだった・・・

ずっとモン基地が楽しみにしていた作品。26日のレディースデーにシネプレックスで観てきました。
モン基地は“V”が付けているお面がお気に入りなんですね(笑)

コミックの方は読んだこと無いんですが、なかなか面白かったです。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(2) | trackbacks(2) |
プロデューサーズ
プロデューサーズ コレクターズ・エディション
プロデューサーズ コレクターズ・エディション
ネイサン・レイン


監督:スーザン・ストローマン
製作・脚本・作詞作曲:メル・ブルックス
出演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン、ウィル・フェレル、ロジャー・バート、ゲイリー・ビーチ 他
公式HP
2005年*アメリカ*134分


レビュー
2001年にトニー賞12部門を最多受賞したブロードウェイの最高峰に君臨する伝説のミュージカルの映画化
1959年のニューヨーク。かつてはブロードウェイの大物演劇プロデューサーだったマックス・ビアリストック(ネイサン・レイン)は今やすっかり落ちぶれ老婦人の小切手をせびって暮している。そんな彼のオフィスへ会計士のレオ・ブルーム(マシュー・ブロデリック)が帳簿を調べにやってくる。レオはマックスの帳簿を調べる内に、ショウがコケると出資者に配当を払わなくて済む=プロデューサーが儲かるといったショウ・ビズ界の不思議なカラクリに気がつく。
それを聞いたマックスは失敗確実なショウを上演し、出資金を丸ごとせしめてしまおうと企む。かくしてレオとマックスは史上最低のミュージカルを作るべく奔走するのだが・・・

メル・ブルックス監督・脚本、ジーン・ワイルダー、ゼロ・モステル出演でアカデミー脚本賞を受賞した作品はコチラ
プロデューサーズ
プロデューサーズ

あまりミュージカルって好んで見る方では無いので12日のレディースデーにはモン基地が観たがっていた「エミリー・ローズ」を観るつもりだったのですが、何となく先日『男おばさん』で紹介があっていて面白そうだったしモン基地も「ちょっとこっちの方が観たいかも?」というので急遽変更(笑)
シネプレの大画面で観てきました♪
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(0) | trackbacks(2) |
ブロークバック・マウンテン
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション


原作:E・アニー・プルー
監督:アン・リー
出演:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、アン・ハサウェイ、ミシェル・ウィリアムズ、ランディ・クエイド、リンダ・カーデリーニ、ケイト・マーラ 他
挿入歌:「He Was a Freiend on Mine」
(作:ボブ・ディラン 演:ウィリー・ネルソン)
公式HP
2005年*アメリカ*134分*PG-12


レビュー
1963年ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。定職の無いイニスとジャックは羊放牧の職を得て山でキャンプをしながら羊管理を任される。寡黙なイニスと天衣無縫なジャックという対照的な2人だが、厳しい大自然の中で互いを助け合う内に深い友情からいつしか2人の感情は友情を超えたものへと変わっていくのだったが…。

はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった―――

原作はコチラ
ブロークバック・マウンテン

ようやくコチラでも4月1日からの上映。5日のレディースデーにシネプレックスに観に行ってきました。
オープニングの前にずら〜〜っと映し出された数々の映画祭等での受賞。
ほんと凄いですね。アカデミー賞では「クラッシュ」に作品賞をもっていかれましたが、同じアメリカを舞台にしたものでも一方では病んだアメリカ・・人種差別などを通して誰もが心の奥に持つ二面性のようなものを巧みに群像劇に仕上げて見せ、またこちらは保守的な時代・閉鎖的な町の中にあって二人のカウボーイの秘めた想いを美しい自然と切ない想いで紡ぐ愛の物語。
どちらも良い作品だし、同時にノミネートされた(しかもあの、アカデミー賞!)という事が面白いなぁ〜と改めて思いました。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(6) | trackbacks(3) |
ホテル・ルワンダ
ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション
ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション


監督・脚本・制作:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルディ、ホアキン・フェニックス、デズモンド・デュベ、デイヴィット・オハラ、カーラ・シーモア、ファナ・モコエナ、ハキーム・ケイ=カジーム、トニー・キゴロギ、ジャン・レノ 他
公式HP
2004年*南アフリカ・イギリス・イタリア*122分


レビュー
1994年のルワンダ。長年続いていたツチ族とフツ族の諍いがようやく終息したかに思われたがフツ族大統領が暗殺され、これを機にフツ族民兵によるツチ族大虐殺に発展。
外資系の4つ星ホテル「ミル・コリン」に勤める支配人ポールはフツ族だったが、妻がツチ族だったことから、ひとまずホテルへ避難することに。
ミル・コリンはフツ族の民兵たちもうかつには手を出せなかった為、命からがら逃げ延びてきた人々が続々と集まってくるのだが…。

「愛する家族を守りたい。」
ただ1つの強い思いが、1200人の命を救った・・・。


「ホテル・ルワンダ」日本公開を応援する会
皆様の熱意により、こちらでもようやく18日から公開。
19日モン基地とシネプレックス熊本に観に行ってきました!感謝♪
やはり関心度は高いようでサービスデーでも無いのに結構多かったです。
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(4) | trackbacks(2) |
BLACK KISS ブラックキス
ブラックキス


監督・脚本:手塚眞
出演:橋本麗香、川村カオリ、松岡俊介、安藤政信、小島聖、岩堀せり、あんじ
SAWACO、岡田真善、金内喜久夫、矢島研、榊英雄、利重剛、村田充
オダギリジョー、草刈正雄、奥田瑛二 他
公式HP
2004年*日本*133分


レビュー
殺害後、死体を芸術的に装飾するという猟奇殺人が発生した。
モデルを目指して上京してきたアスカは、偶然にもその殺人現場を目撃してしまう。それはアスカとルームメイトのカスミの周りで起る猟奇殺人の幕開けだった。アスカとカスミを執拗に追うカメラマンのタツオ、事件を担当する刑事ユウスケと偶然によって呼び集められた彼らは恐怖の迷宮へと深く引きずり込まれていくのだった…。

殺しの芸術家、その最大な武器は“恐怖”

モン基地が観たいと言ってたので先日1日にシネプレックス熊本の大きなスクリーンで観てきました。あんな広いとこに10人位だったけど(爆)
監督はあの故手塚治虫氏の息子さんなのですね。知らなかったです(笑)
続きを読む >>
| モン基地の母 | 映画(は行) | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>